公務員予備校を徹底比較!元公務員オススメ予備校の料金・口コミ・特徴まとめ

公務員の休憩時間は監視されている!3分早く食事を取ると減給。

2018年6月、神戸市の職員の勤務時間中に弁当を注文するために、休憩時間より3分間早く席を離れるのを繰り返したことから減給の処分を受けたというニュースがありました。

そして、僕も県庁時代に今回のニュースと同じような事例を見聞きしたことがあります。

今回は公務員の休憩時間に対する意識と、一般市民の監視の目についてお話ししたいと思います。

水道局職員が昼休み前に席を離れ減給処分を受ける

水道局職員が昼休み前に席を離れ減給処分を受ける今回の事案で処分を受けたのは神戸市水道局に勤務する64歳の男性職員です。

昼休みになる前に3分ほど早く席を離れて持ち帰り弁当を買いに行くという行為を7カ月で26回繰り返したことが原因で懲戒処分を受け、半日分の給与を減額されました。

とらさん
とらさん
お昼休みになるとどこも混むのって嫌だよなあ。その気持ちよく分かる!
にゃも
にゃも

行列に並んで、貴重なお昼休みが短くなっちゃうのは嫌だよね。

でも「数分だけなら大丈夫だろ!」って考えは要注意だよ・・・

僕の感想を率直に述べると、公務員には職務に専念する義務があるので、勤務時間中に仕事をするのは当然だと思います。

なので、フライング気味にお弁当を注文しに職場を離れることは良くないことです。まあ当然のことですよね。

仕事をしない時間について細かいところまで突っ込むと、タバコを吸う時間はどうなのかだとか、 雑談するのはどうなのかとか色々あると思います。しかし今回は、この休憩時間の前に職場を離れることに絞ってお話したいと思います。

そして今回の事例は、実は日本だけではなく海外でもニュースに取り上げられています。まずは海外の反応がどうなのかを見てみましょう。

たかが数分でここまでしなくても・・・海外の反応は?

たかが数分でここまでしなくても・・・海外の反応は?

「トイレに行ったとしても許されないのか? 職場の奴隷のようだ」

「全くばかげている」

「僕も卒業後日本で働いたことがあるが、僕の人生の中で一番最悪な職場だった」

https://www.sankei.com/world/news/180621/wor1806210017-n1.html
https://www.reddit.com/r/nottheonion/comments/8sqnit/japanese_worker_punished_for_starting_lunch_three/
より参照

と、このようにかなり酷評していますね。

僕たち日本人が考える「仕事に対する理想の姿勢」や、「公務員とはどうあるべきか」といった感覚からはかなり離れていると思います。

しかしここで僕が言いたいのは、日本の公務員というのは、常にこのような指摘を受ける可能性がある!ということです。

フライングで昼食に行く公務員

フライングで昼食に行く公務員まさに今回のニュースのように、僕が県庁に勤めていたときにもお昼休みが始まる少し前にフライングで食堂に向かう年長者(仮にAさんとします)がいました。

食堂でご飯を食べるのが日課なようで、混み合う時間に並ぶのを嫌がっていました。

他の皆と同じ時間に移動しはじめていては、行列に並ばなければいけなくなってしまう。

 

お腹がすいているからすぐにご飯が食べたい!でも行列に並んでいるせいで、残りの休憩時間が減ってしまう!それは嫌だ!

 

ということなのでしょう。

だからといって、勤務時間中に職場を抜け出して早めの昼食をとるというのはいかがなものかと思います。誰だって行列なんて嫌ですよね

当時の係長はそのあたりの感覚がしっかりしていて、係長の上司であるAさんに対して、やんわりと気をつけた方がいいと伝えていました。

そのときAさんは「おう、分かった!」と言って改善するのですが、次第に気持ちが緩んでいくのでしょうか。1週間もすればまたフライング気味に部屋を出ていくんですね。

とらさん
とらさん
皆だってお腹すかせてるのに一人だけずるいぞ!
にゃも
にゃも

当然、同じ課内の人からもヒンシュクを買っていたよ。

そしてそんな人は仕事に対する信頼も失っていくんだよね。

こういった気の緩みのある人というのは、勤務歴が長い人に多い印象があります。今回の事案も、64歳の職員でしたね。

考えるに、職歴が長くなればなるほど立場としては上に立つことが多く、注意を受けることが少なくなっていきます。それをいいことに、多少ならば誰も咎めはしないだろうという甘い考えが出てくるのではないでしょうか。

また、定年を迎えたあとの再雇用職員もいます。その中には、一般職員に比べてルールにだらしなくなっているんじゃないか?という人がちらほら見受けられました。

一度退職しているため、これまでと同じ職員ではないという緩みが生まれるのかもしれません。再雇用だとしても公務員なんですがね・・・

ただし、これはあくまで僕個人の印象で、年長者の誰もがだらしないわけではありません。誤解のないように言っておくと、全体の中ではこのような緩みのある人というのはごく少数です。

圧倒的多数が公務員としての自覚を持って仕事をしていますよ!

公務員の休憩時間は外部から監視されている!

公務員の休憩時間は外部から監視されている!

今回の事案は、フライング休憩をする職員を所長が見かけたことから発覚したとのことです。

しかし実は公務員の休憩時間は一般市民から監視されているのです!

僕も県庁に入るまでは知りませんでした。いるんですよ、公務員の休憩時間を監視している人が。

実は僕が県庁に勤めていたときにも、今回のニュースと同じようなことが話題になったことがありました。

役所には県民、市民の方から色々なお声をいただくための窓口があります。そこに「休憩時間になっていないのに昼食を食べに食堂に行っている者がいる」という意見があったのです。

もしかしたら先程例に挙げたAさんのことかもしれませんね(笑)

公務員の休憩時間は内部の人間にも監視されている!

公務員の休憩時間は内部の人間にも監視されている!窓口でいただいたご意見を受けて、僕のいた県庁では人事課による抜き打ちチェックが行われることになりました。

お昼休みの少し前から食堂前で張り込み、フライング休憩で食堂に入ろうとする職員に声をかけ指導するというものです。

僕は昼食は自宅から持ってきたお弁当だったり近くのお店でランチを食べていましたので、あまりその存在を意識したことはありませんでしたが…。

結果的に、人事課の抜き打ちチェックを恐れてAさんのフライング休憩は減ったので効果はあったと思います。

さて、さきほども少し触れましたが、大多数の職員はこのようなことはしていません。時間は守りますし、ルールも守ります。それは当然のことです。

しかし、ごく一部のこのような職員のせいで公務員という存在が全てだらしなく、悪のように捉えられてしまう風潮があるのは残念に思います。

しかし、一部の人間のせいで信頼を失うのは公務員であっても民間であっても同じです。

しかし不思議なものですよね。たった数分早い休憩時間については鋭く突っ込まれるのに、数時間のサービス残業の残業代はしっかり支払われるべきだ!とは誰も突っ込んでくれません。

税金を払いたくないという心理からくる行動だとは思いますが、窮屈な気持ちになってしまいますよね。でも、これが現実です。

これから公務員を目指そうとしている人や既に公務員の人は、ちょっとした気の緩みから人事課に通報されたりマスコミにタレこまれたりしないよう気をつけましょうね!

とらさん
とらさん
俺は海外の仕事に対する考え方のほうが好きだなあ。公務員って窮屈すぎて嫌になっちゃうぜ・・・
にゃも
にゃも

そんな性格の人は公務員には向いてないかもしれないね。

僕が公務員のときはそれが当然と思って仕事をしていたけど、「細かいことをグダグダとうるさいなあ・・・」なんて思うような人には我慢できないと思うよ。

自分の強みを見つけるための無料診断ツール

自分の強みを見つけるための無料診断ツール今回の記事でお話したように、公務員というのは常に外部から見られているという自覚が必要な職業です。

  • プレッシャーに耐えられるか
  • 責任感を持って仕事にあたれるか
  • 自分に自信をもって生活を送れるか

これらは公務員として生きていくうえで、とても大事な要素になってきます。

しかし、自分の性格をしっかりと把握している人はいいのですが、完璧に自分の強みを知っている人は少ないはず。

自分を深く理解していなければ、公務員に向いているのかがわかりませんよね。

そこで、自分の強みを把握するためのおすすめツールを紹介します。

リクルートキャリアという会社が提供している、グッドポイント診断というツールがあります。これは、簡単な質問に答えていくだけで、あなたの強みを見つけることができるという便利なものです。

にゃも
にゃも
リクルートキャリアは、あの大手人材関連企業であるリクルートの子会社だから安心だよ。

そしてこの診断には料金は一切かかりませんので安心してください。会員登録するだけで無料で診断できます。自分の強みが無料で分かるのはありがたいですよね。

そして、診断結果は自己分析にも使うことができます。

このグッドポイント診断は、もちろん公務員への転職や公務員からの転職を考えている人にも使えます。

面接は、公務員試験を受けるにあたって避けることができない試験です。その面接対策として、いつかはしなければいけない自己分析。

自分のことを深く知っていないと、うまく自己PRすることはできません。

自己分析は早くすればするほど有利になります。この機会に、グッドポイント診断を使って自己分析してみてはいかがでしょうか。

無料で自己分析する

プロフィール
にゃもにゃも@元公務員ブロガー

理系大学から独学で地方の県職員(行政職)になったけれど、仕事をする中で夢を見つけたため転職した猫が大好きすぎる元公務員「にゃも」です!
現在は上京し、夢のクリエイティブ業界で世界中の人に知られる映画タイトルの3DCGを作ったりしてバリバリ働いています!
このブログでは元公務員という経験を活かして、公務員に関するさまざまな疑問や悩みを解決するための記事を書いています。

公務員になりたい、公務員と結婚したい、公務員だけどお金がほしい、公務員の仕事について知りたい、公務員を辞めたい…

など幅広く公務員のことについて、ときにゆる~くときに真面目に分かりやすくお届けします!

詳しいプロフィールはこちら ⇨ にゃものプロフィールを見る