公務員予備校を徹底比較!元公務員オススメ予備校の料金・口コミ・特徴まとめ

公務員がうつ病で退職したらどうなる?家族・お金・自分の将来。

職場で色々な辛いことがあってうつ病になってしまったら、公務員の仕事に復帰したとしてもまた同じ症状になってしまうかもしれず、とても不安ですよね。

それならいっそのこと退職して、新しい環境で頑張ってみるのもいいかもしれません。そして、そのように考えている方には、ぜひこの記事を読んでいただきたいと思います。

もし公務員がうつ病で退職してしまったらどうなるのか。気になる問題についてご紹介いたします。

公務員がうつ病で退職したらお金はどうなる?

公務員がうつ病で退職したらどうなる?家族・お金・自分の将来。

公務員は失業保険がもらえない

公務員がうつ病になってしまい退職すると、一番気になるのが金銭面ですよね。退職したときのお金まわりについて説明していきましょう。

まず、退職するときにもらえるのが退職金(退職手当)です。しかし退職金は思っていたよりも少なかったということは実際よくあることなんです。僕も県庁に6年勤務して退職しましたが、もらえた額は十分とはいえませんでした。

また、退職するということは給料が出ないということでもあります。

初めのうちは貯金や退職金でなんとか生活ができていたとしても、結婚している場合は家族を養わなければいけませんし、独身だとしても生活費や気晴らしになる自分の趣味など、お金が必要なシーンはたくさんありますよね。

収入がない状態で生活をしていては、気付いた時には貯金残高0円なんてことにもなりかねません。

「え?失業保険があるんじゃないの?」と思った方は、ご注意ください。

なぜなら、公務員は雇用保険に加入していないため失業保険がもらえないのです。つまり、定期的な収入は完全に0となります。

しかしお金というものは生きていく上で必要不可欠なもの。ひとつ間違えると、消費者金融などから借金をすることとなってしまうかもしれません。

それだけならまだしも、家族や友人などからお金を借りてしまうことにも繋がり、信用を失う可能性もあります。

借りたお金をすぐに返せるのならば良いですが、いつ新しい仕事に就けるのかもわからない以上、いつお金を返せるかも不明です。こうした事態にならないためにも、ある程度の貯金があるのはことは望ましいといえます。

退職ではなく休業するという選択肢

公務員がうつ病で退職したらどうなる?家族・お金・自分の将来。そして両親や家族に理解があるのであれば、一時的に生活を助けてもらうといった方法も考えられます。

退職ではなく一時的に公務員を休業して、給料の何割かを休業補償としてもらいつつ、体と心をゆっくり休める時間に当てましょう。

ます第一に考えるのはあなた自身の心を癒すことです。そうでなければ、いつか助けてもらうだけの生活は立ち行かなくなります。

そうならないためにも、まずは療養して心身ともに健康な状態に戻すことが最優先です。そして元気になってきたと思ったら、お小遣い稼ぎを考えてみるのも一つかもしれません。

同じ公務員の仕事に戻るのもいいのですが、また同じような状況になってしまっては元も子もないですよね。

そこで在宅でもできる仕事というのを考えてみてはいかがでしょうか。例えばブログを運営してみたりちょっとしたお小遣い稼ぎができる方法もあったりします。

公務員は副業が禁止されているので大体的に活動することはできませんが、スキルを磨くことであれば問題ありませんし、副業に該当しないお小遣い稼ぎであれば大丈夫です。

こうしたスキルや知識を身につけることで、「いざというときには公務員を辞めても生きていける」と思えるような可能性を持つことができるため、精神的な負担は減るものです。

そうすることで自信が身につき、メンタルも良好な状態でいられるという好循環が生まれます。

まずはお小遣い稼ぎから始めてみませんか?

公務員がうつ病で退職したら家族はどうなる?

公務員がうつ病で退職したらどうなる?家族・お金・自分の将来。もしうつ病で退職する場合、一人暮らしの方は家賃や公共料金などの負担を避けるためにい実家に戻ることになるかもしれません。また、家庭を持つ方であれば妻子がいるかもしれません。

そんなときは、助けてくれる家族がいるのであれば甘えましょう。一時的にお金を家族に頼ってしまうことになりかねませんが、まずは心の健康を取り戻して、それからゆっくり恩返していけばいいのです。

初めのうちは多少の貯金や退職金があるはずです。しかし、ずっと貯金を切り崩しての生活もいつかは立ち行かなくなってしまいますよね。

家族は、支えてあげたいという気持ちから「心配しなくていいよ」と言ってくれますが、今までかからなかった生活費が増えるのも事実。

そんな生活が数年単位の長期間にわたると、小さな負担や不安が重なって、いつか家族関係がギクシャクしてしまうようになるかもしれません。

最悪の事態として家族がバラバラになってしまったとしたら、残るものは何もありませんよね。助けてくれる人は誰もいなくなり、何をすることもできなくなってしまうのです。

休業中に転職について考える

そのため、病気で大変かもしれませんが、すぐに退職するのではなく戦略的に行動することが重要です。

先ほどもお伝えしたとおり、まずは休業しましょう。そうすればある程度の期間、手当金をもらうことができますその間にゆっくりうつ病を治せばいいのです。

そしてもし公務員という環境がどうしても肌に合わないということであれば、転職を考えてもいいと思います。

「公務員になったからには定年まで勤めあげなければいけない!」と考えているのであれば、それは固定概念に縛られていると言わざるを得ません。そんな人が非常に多いように思いますが、僕はそうは思いません。

あなたに向いている仕事はいくらでもあるはずですし、人間関係で悩んでいるのであれば、もっと人間関係が良好に築ける場所を探すことは理にかなっていると思います。

それに、一度うつ病になってしまった職場に戻るということはとてもストレスが大きいです。「またあの建物に入らなければいけないのか・・・」と思うような日々を送っていては、うつ病を再発しかねません。僕も毎日プレッシャーを感じながら県庁の本庁舎に入っていったものです。

うつ病再発のリスクを抱えるくらいなら、心機一転、新たな職場で次の道を歩みだすほうがよっぽど健全です。

事実、僕は公務員から転職しましたが問題なく就職できましたし、今も食べていけています。年齢的に難しいとか、家族があるから・・・といったことは逃げの姿勢と言わざるをえません。

人生、なんとかなるものです。

珍しく僕があっけらかんとしたことを言いましたが、うつ病という悩みを抱えているあなたには、このくらいポジティブでいるほうがちょうどいいのです。

公務員がうつ病で退職したら自分の将来はどうなる?

公務員がうつ病で退職したらどうなる?家族・お金・自分の将来。

公務員になれた自分に自信を持っていい

公務員がうつ病で退職する場合、年齢にもよるものの、全てを1からやり直さなければいけないかもしれません。もしかするとなかなか新しい仕事が見つからずに途方にくれることも考えられます。

ただしこれは何も準備せずに勢いで退職した場合です。

休業補償制度を利用してじっくり時間をかけ、まずは心を癒しましょう。そして元気になってきたら次の仕事を意識してスキルを磨き始めればいいのです。

公務員になれたあなたは、そもそも他人よりも努力するという才能を持っています。そして能力も平均以上であることが考えられます。

つまり自信を持っていいのです。

世の中、普通の人たちが普通に仕事をこなせているのです。公務員になったという実績があるあなたは、努力によって普通の人以上のことをより短期間でこなせるようになるはずです。

僕のお話をしましょう。僕は美術的な勉強を全くしてきませんでしたが、デザインの世界に入りたいと思い公務員のときからデッサンの勉強を始めました。ある程度準備ができたと思ったら公務員を退職。

その翌月から専門学校に通い、そして見事一年以内に専門学校で学ぶことはマスターし、途中で学校を辞めて就職することができました。

全くの未経験で、しかも技術が必要とされる世界ですが就職するくらいならできるわけです。

そのとき僕は30歳くらいで、いろんな人から転職には厳しいんじゃない?なんて言われてきましたが、そう言ってきた人は転職をしたことがない人ばかりです。

転職経験がないような人に一般論で語られても、何言ってんの?って思いませんか?

転職エージェントに今後の方向性を相談してみる

もちろんあなたにデザインの世界に飛び込めとはいません。しかし、民間企業に転職するということであれば、僕も利用した転職サイトに登録することをお勧めします。

あなたの今の現状や、今後どうしていきたいかなどをエージェントの方が質問してくれます。これにより、将来の自分のイメージを固めることができますよ。

きっとあなたは広い視野を持つことが苦手になっているのではないでしょうか。転職エージェントとの会話は、自分では気づかなかった視点から物事を考えさせられる、よいきっかけを与えてくれますよ。

そして、これからの将来について悩んでいるのであれば、転職エージェントにそうした現状をくわしく説明してみましょう。さまざまな状況を踏まえた上で、最も適した方向性を示してくれるはずです。

まとめ

うつ病になってしまうと、ふとしたきっかけで再発してしまうリスクがあります。

原因が職場にあるのなら、その環境を変えなければ状況は良くならないことも考えられます。

休業補償期間中に心を癒やしつつ、今後の人生についてじっくり考えてみましょう。

プロフィール
にゃもにゃも@元公務員ブロガー

理系大学から独学で地方の県職員(行政職)になったけれど、仕事をする中で夢を見つけたため転職した猫が大好きすぎる元公務員「にゃも」です!
現在は上京し、夢のクリエイティブ業界で世界中の人に知られる映画タイトルの3DCGを作ったりしてバリバリ働いています!
このブログでは元公務員という経験を活かして、公務員に関するさまざまな疑問や悩みを解決するための記事を書いています。

公務員になりたい、公務員と結婚したい、公務員だけどお金がほしい、公務員の仕事について知りたい、公務員を辞めたい…

など幅広く公務員のことについて、ときにゆる~くときに真面目に分かりやすくお届けします!

詳しいプロフィールはこちら ⇨ にゃものプロフィールを見る