公務員予備校を徹底比較!元公務員オススメ予備校の料金・口コミ・特徴まとめ

公務員はホワイトなのか?元公務員がまとめてみた。

毎年、公務員は就活をする人から高い人気を得ています。それは、社会の景気に左右されない給与やボーナス、また不祥事を起こさないかぎり職を失わないといった「安定性」が理由ですよね。

更に、福利厚生の充実やカレンダー通りに休みが取れる、定時に帰宅できるなど、働きやすい「ホワイト」な仕事という印象をもたれています。

このイメージは非常に強く、就活生だけでなく子供の「将来なりたい職業」や、親の「子供になってほしい職業」にもあがっているのです。

では、公務員は本当に「ホワイト」なのでしょうか?具体的にみていきましょう。

公務員がホワイトと言われる理由

公務員がホワイトと言われる理由実際に、公務員のホワイトなイメージとしてあげられる面をみていきます。

【平均より高い給与】

公務員の給与は、本来であれば民間企業の平均的な賃金によって調整されます。しかし、ここ数十年は民間企業で働く人が貰っている平均の賃金よりも、公務員が貰う平均賃金のほうが高くなっているのです。その給与が安定して貰えるのは公務員の魅力ですよね。

【生涯にわたり安定している雇用】

もちろん地域や職業によって差がありますが、月収の平均は約10万円も公務員の方が高くなっています。これは、年収にすると200〜300万円になる計算です。

更に、倒産やリストラがない公務員は、不祥事などがなく、定年まで働き続けることができます。一定の賃金が安定して頂けることは大きなメリットですね。

【有給休暇が取りやすい】

ほとんどの民間企業は、入社して半年が経つと10日程度の有給休暇を与えられます。そして、勤務年数を重ねるごとに増えていき、最終的に与えられる最大の有給休暇は20日です。

対して、公務員の場合は働き始めて1年目から20日の有給休暇を取ることができるのです。これはとても嬉しい制度ですね。

【手厚い休暇】

有給休暇の他にも、医師の診断書があれば90日取得できる病気休暇があります。なんとこの間は、給与が100%支給されるのです。

更にこの他にも、民間企業にはほとんどみられない夏季休暇や介護休暇、産前産後のサポートや男性の育児参加などの手厚い特別休暇が与えられています。

【ローンが組みやすい】

勤続年数を問わず、公務員というだけで高い確率でローンを組むことができます。お金を借りる時だけでなく、家を建てる時などにローンを組む必要がありますよね。その際、公務員が審査に落ちることはほとんどありません。このことは、人生の計画を立てる時に大きなメリットとなりますね。

こうしてあげてみると、公務員は「福利厚生の充実」「社会的信頼の高さ」「倒産の心配がない安定の雇用」などホワイトと言える点がたくさんありますね。

では、公務員にはこうしたメリットばかりなのでしょうか。

>カードを作るときも公務員の信用度の高さは有利になる!公務員におすすめのクレジットカードは?

公務員はホワイトなことばかりじゃない?

公務員はホワイトなことばかりじゃない?それでは、公務員のデメリットと言える点をいくつかご紹介します。

【許される副業が少ない】

いくら公務員の給与が安定しているとはいえ、その給与だけでぜいたくといえるほどの裕福な生活をすることはできません。そうなると、自分の生活をもう少し充実させたいときや、老後への貯蓄のために副業を考える人もいますよね。しかし、公務員ができる副業には制限があるのです。

資産の運用(株式投資、FXなど)や不動産投資は許されます。しかし、最近人気の副業であるアフィリエイトやブログによる広告収入、アルバイトは許されません。また、たとえ報酬が無くても営利団体の役員となることも駄目です。

このように、副業による収入アップを制限されてしまうことは公務員のデメリットといえますね。

>公務員の副業には該当せずに簡単にお小遣い稼ぎする方法!筆者もやっている財テクで、15分で1万円を稼ぐ方法とは?

【地方公務員の給与は少ない】

公務員という職業は利益を追求するものではありません。よって、先程もご紹介したように給与は安定していても、決して高額とはいえないのです。

特に、公務員として就職してすぐの頃は、一人暮らしすら厳しいほどです。

仕事を選ぶ基準は、人それぞれでお金だけではないですが、その比重は大きいですよね。安定してはいるものの、公務員によっては給与を少ないと感じる場合があることを知っておきましょう。

【揺るがない年功序列】

公務員全体にいえることなのですが、個人の能力はさほど出世に影響を与えません。出世を決めるのは「働き続けている年数」なのです。

若く熱意がある職員でも、優れているからといってどんどん出世するということはありません。

これは、自分に自信があってバリバリ仕事をこなし、出世を狙いたい人にとっては大きなデメリットとなります。

公務員のデメリットとして、安定しているが故にお堅く、柔軟でない体制が見えてきましたね。

公務員のメリットは大きく、ホワイトといえる

公務員のメリットは大きく、ホワイトといえる人気の職業である公務員ですが、ホワイトといえる良い面ばかりではなく、デメリットもあることが分かりました。

こうした2つのポイントを比較した時、その感じ方は人それぞれですが、一般的には「メリット」の方が大きいといえます。

贅沢ではなくても生活には困らない給与が約束され、それは定年まで続きます。更に、社会的な信頼を得ることができ、ライフプランを立てやすい環境に恵まれます。

それゆえ、公務員はホワイトな仕事といえますし、人気の職業であることを納得するのに十分な理由があるといえるでしょう。

プロフィール
にゃもにゃも@元公務員ブロガー

理系大学から独学で地方の県職員(行政職)になったけれど、仕事をする中で夢を見つけたため転職した猫が大好きすぎる元公務員「にゃも」です!
現在は上京し、夢のクリエイティブ業界で世界中の人に知られる映画タイトルの3DCGを作ったりしてバリバリ働いています!
このブログでは元公務員という経験を活かして、公務員に関するさまざまな疑問や悩みを解決するための記事を書いています。

公務員になりたい、公務員と結婚したい、公務員だけどお金がほしい、公務員の仕事について知りたい、公務員を辞めたい…

など幅広く公務員のことについて、ときにゆる~くときに真面目に分かりやすくお届けします!

詳しいプロフィールはこちら ⇨ にゃものプロフィールを見る