公務員予備校を徹底比較!元公務員オススメ予備校の料金・口コミ・特徴まとめ

公務員はクレジットカード作成が有利!そのワケは信用度の高さ。

「公務員はクレジットカードを作りやすい」

こんな話を聞いたことはありませんか?この言葉は事実で、公務員はクレジットカードがとても作りやすい職業です。

その理由は、公務員の信用度の高さに由来します。

今回は、公務員がクレジットカードを作りやすい理由と、公務員が持つべきクレジットカードについてご紹介したいと思います。

公務員の信用度は高い

公務員の信用度は高いあなたは、公務員はクレジットカードの作りやすさについてどう思いますか?冒頭でも触れましたが、公務員はクレジットカードをかなり作りやすい職業なんですよ。

公務員は定期的に安定した給料が入り、ほぼ年功序列で昇格していきますよね。そのため、カード会社からしてみれば民間企業のサラリーマンよりも取りっぱぐれがないので、安心してカードを作らせてくれるというわけです。

クレジットは英語で「信用」という意味。そのため、たとえば経営状況の先行きが保証されていない中小企業の社長よりも、公務員の信用度のほうが高いというのは、カード業界では言われていることです。

ただ、気をつけなければいけないのが公務員になる前に借金をしていたり、ブラックリストに載っている場合です。こういった場合はカード審査が通らなかったりすることがあるので、公務員だからといって一概に信用があるとはいえません。

さらに、一定以上の所得がないと作れないクレジットカードがあります。たとえばブラックカードや一部のプラチナカードですね。公務員は安定していますが、実業家や医者、弁護士などのように給料は高くないので、審査に通らないことがあります。

特にブラックカードの条件はかなり厳しいものが多く、よほど戦略的に取得計画をたてないと、一般のサラリーマンが手に入れることは困難といえます。

そもそも一部のプラチナカードは、インビテーション(カード会社からの「加入しませんか?」という個別のお誘い)がないと加入できないものがあります。ブラックカードにいたってはすべてのカードでインビテーションが必要といえます。

ただ、ゴールドカードやそのほかのカードは、公務員であればかなり作りやすいので安心してください。

公務員以外で信用度が高い仕事はあるの?

公務員以外で信用度が高い仕事はあるの?公務員以外で信頼度が高い職業はどんなものがあると思いますか?

それはたとえば、大企業のサラリーマンです。信頼度というものは、会社の信頼度に比例すると言って差し支えありません。

一般的に、一部上場企業で老舗の会社などは、ベンチャー企業や新興企業よりも信用度は高いです。なぜなら、長年の経営実績があり、この先も潰れる可能性が低いといえるからです。

カード会社が一番避けたいのは、お金を取りっぱぐれてしまうこと。そのため経営が安定していることは非常に重要なのです。

また、公共性の高い職業も信頼度が高いです。たとえば、銀行員や独立行政法人の職員などです。これも、理由は同様で、潰れる可能性が低いからです。

銀行員は安定している職業と認識されていますし、メガバンクであれば潰れる可能性はさらに少なくなります。また、独立行政法人はみなし公務員と言われ、公務員ではないものの公務員の人事院勧告などを指標に給料が支払われるため、信頼性は高いのです。

簡単に言えば信頼度が高い職業とは、「結婚相手を親に紹介する時に、反対されにくい職業」と考えると分かりやすいと思います。

公務員でもクレジットカードヒストリーが重要

公務員なら誰でも作れるわけではない。クレジットカードヒストリーが重要。公務員は信頼度が高くクレジットカードが作りやすいと言われていますが、誰でも作れるわけではありません。

クレジットカードヒストリーも重要な要素の一つです。では、クレジットカードヒストリーとはどのようなものでしょうか。

金融業界ではクレヒスと言われているもので、信用情報機関が持っている利用履歴やローンの返済履歴などのことをいいます。まさに、信用の歴史ですね。

いくら、職業に信用度が高くても結局支払いをしていくのは本人自身であり個人です。いくら安定的な収入がある職業であったとしても、その人が滞納履歴があったり返済が滞っていたりと約束を守らない人では、信頼度は低くなります。

クレジットカード会社は、たとえ安定した職業に就いていたとしても、滞納履歴がある人はお金を返済できなくなる可能性があると判断します。なので、クレジットカードヒストリーは審査の上でとても重要な要素なのです。

公務員が持つクレジットカードはステータスの象徴

クレジットカードは一種のステータスでもあります。クレジットカードの中には、年会費が1万円以上するなど少し高額なカードがたくさんあります。

しかし、高い年会費が必要なハイステータスカードならではの特典も沢山あります。まず、海外旅行保険の付帯です。

通常は、海外旅行に行く際には空港や旅行会社などで保険に入る人が多いと思います。しかし、自動付帯型のクレジットカードであれば、そのカード持って旅行するだけで保険が自動的に適用されます。

この機能を目的にカードを持つ人もいるくらい、便利で安心なサービスです。

1年に何度か旅行に行く方は、これだけでも年会費の元が取れてしまいます。保険代は1度の旅行でも数千円はしますからね。

また、ハイステータスのクレジットカードはプライオリティパスが付帯しているものも。これは空港ラウンジを使うことができる権利ですが、普通であれば有料のものです。

年間約4万円ほどするサービスが付帯することもありますので、この機能が付帯しているカードを持てれば、旅行がより一層楽しみになりますよね。

また、コンシェルジュサービス、空港からのスーツケースを自宅まで無料で配送してくれるサービスなどが付帯していることもあります。

公務員の方で海外旅行によく行かれる方は、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

プロフィール
にゃもにゃも@元公務員ブロガー

理系大学から独学で地方の県職員(行政職)になったけれど、仕事をする中で夢を見つけたため転職した猫が大好きすぎる元公務員「にゃも」です!
現在は上京し、夢のクリエイティブ業界で世界中の人に知られる映画タイトルの3DCGを作ったりしてバリバリ働いています!
このブログでは元公務員という経験を活かして、公務員に関するさまざまな疑問や悩みを解決するための記事を書いています。

公務員になりたい、公務員と結婚したい、公務員だけどお金がほしい、公務員の仕事について知りたい、公務員を辞めたい…

など幅広く公務員のことについて、ときにゆる~くときに真面目に分かりやすくお届けします!

詳しいプロフィールはこちら ⇨ にゃものプロフィールを見る