公務員予備校を徹底比較!元公務員オススメ予備校の料金・口コミ・特徴まとめ

自衛隊(自衛官)が中途退職する理由は?再就職する方法教えます

自衛官は特殊な仕事ではあれど、括りとしては「公務員」。何もない限りは定年まで働くことができ、給料をもらえる、いわば安定している仕事です。

そんな「安定」を捨ててまで、中途退職していく自衛官も数多くいます。

今回は、自衛官が中途退職する理由と、退職後の就職先についてご紹介したいと思います。

自衛官が中途退職する理由

様々な理由で中途退職する自衛官特殊すぎるうえに、秘密や謎の多い自衛隊。そんな自衛隊にわざわざ入ったのに中途退職するのですから、

  • 「いったいなぜ?」
  • 「退職してまでやりたかった仕事ができているの?」

と、疑問が尽きないはず。

自衛官の中途退職の理由は様々ですが、例えば女性の場合は「結婚や妊娠を機に退職」という理由の人が多いと聞きます。最近は、そのまま残る隊員も増えているようですが・・・。

また、ある一定の条件を満たさない限りは寮生活が必須なため、

  • 「厳しい環境に耐えられない」
  • 「家業を手伝わざるを得なくなってしまった」
  • 「ほかにやりたいことができた」
  • 「留学したい」

といったように様々な理由で退職をしていく自衛官が大勢います。

中途退職後の自衛官の再就職先

中途退職後の自衛官の再就職先結婚や出産を機に退職して主婦になった女性隊員は、扶養の範囲内でパートをする人や転職してバリバリ働く人も多いようです。一方で、妊娠や出産、ライフスタイルの変化によって退職や転職をする人も多くいます。

また、最近は家にいながら稼げる時代になったので、クラウドソーシングで執筆活動を行う人や、ハンドメイド等のネットショップを立ち上げて稼いでいる人も男女問わず増えてきていますね。

中には、お笑い芸人になる人や俳優になる人、漫画家になる人もいたり、本当に自衛官の中途退職者のその後はさまざま。

このように、楽しそうな隊員もいる一方で、自衛官という「非日常」な空間で生活していることに慣れてしまったことで世間の「日常」についていくことができなくなる人も。

転職先の環境になじめなくて退職してしまう人や、厳しい自衛隊生活が嫌で転職したものの、転職先でも厳しい生活に耐えられなかったり、仕事をすることがもともと得意でなかったりして、「こんなはずじゃなかった」と思う人も多くいます。

「あの頃はよかった」「あの頃は楽しかった」と過去に思いをはせてしまい、退職しなければよかったと思ってしまうことは、新しい世界に飛び込んだ時よくあることです。

しかしそれはきっと、あなたが本当に頑張ったから思うことなのです。でなければ、楽しかったなんて思うこともできませんからね。

そして、そんな「楽しかったな」という場所に顔を出したくなっても、自衛隊にちょこちょこ遊びに行くのは難しいですよね。

しかし、自衛官は退職後、「予備自衛官」に登録することができるのです。

http://www.mod.go.jp/pco/sizuoka/reserve/index.html

現に、普段は普通にサラリーマンや家業の手伝い、子育てなどをしている元隊員もたくさん登録しているようです。

この制度を活用すれば、中途退職をして心細くなっていても、予備自衛官としてたまに自衛隊で訓練を受けることができます。ちょっとした気分転換になり、ほかの隊員と話すことで自分も頑張ろうと思うことができそうですね。

自衛官が転職する方法

自衛官が転職する方法自衛官になりたいと思った人なら、「自衛隊なら就職まで面倒見てくれるよ!」と言われたり、聞いたことがあるのではないでしょうか。

実は、自衛官は、退職を希望すると、転職先の紹介を行う部署で転職先の紹介を受けることができます。

基本的には、その隊員の個性や特技を活かした場所を紹介されますが、中にはそういった面を無視して給与重視で紹介されることも少なくはないので、「担当者に裏切られた」「騙された」とぼやく隊員もいます。

とはいえ、転職するのは自分ですから、就職先は基本的に自分で調べて、自分で就活して見つけなくてはなりません。

このあたりは厳しい就職活動を経験してきた人ならば理解していることなのですが、自衛隊にいる隊員の中には一度も就職活動をしたことがなく、「就活ルール」すら知らない隊員も多く、転職先も人任せにしてしまい、後々後悔なんてことになるようです。

なんとなくで自分の将来を決める人はまずいませんよね。自衛官という職業を辞めてまで、「やりたいことは何か」「今、自分にできることは何か」を明確にすることで、自然と道は開けてきます。

明るい未来のためには、自衛隊から転職を決意したら、まずは自分のやりたいことを明確に持つことが大切です。

どうしても自衛官を辞めたいが、やりたいことがわからないという人は、なにか武器になる資格を取得して、退職することもおすすめです。

自衛隊は、申請すれば仕事をしながら大学や専門学校等へ通学を認めてもらえるので、通学をしてやりたいことの資格を取ってから転職するのもいいでしょう。

>通信講座なら仕事をしながら資格を取得できます。

気になる資格があれば、まずは一歩踏み出して資料請求してみることをおすすめします。安定を捨ててまで手に入れる未来なのですから、その後が明るいといいですよね。

また、転職サイトや転職エージェントに登録することで、より自分に合った就職先を見つけることができます。

特に、転職エージェントは個人の状況に応じて相談に乗ってくれるため、転職経験がない自衛官の方に特におすすめできます。

プロフィール
にゃもにゃも@元公務員ブロガー

理系大学から独学で地方の県職員(行政職)になったけれど、仕事をする中で夢を見つけたため転職した猫が大好きすぎる元公務員「にゃも」です!
現在は上京し、夢のクリエイティブ業界で世界中の人に知られる映画タイトルの3DCGを作ったりしてバリバリ働いています!
このブログでは元公務員という経験を活かして、公務員に関するさまざまな疑問や悩みを解決するための記事を書いています。

公務員になりたい、公務員と結婚したい、公務員だけどお金がほしい、公務員の仕事について知りたい、公務員を辞めたい…

など幅広く公務員のことについて、ときにゆる~くときに真面目に分かりやすくお届けします!

詳しいプロフィールはこちら ⇨ にゃものプロフィールを見る