公務員試験に合格できる通信講座を徹底比較!料金・口コミ・特徴まとめ

地方公務員の冬のボーナスはいくら?2019令和元年を予想!

元公務員で県職員の給料担当だった、にゃもです!

給料担当をしていたこともあり、公務員のボーナスや年収のリアルな数字については人一倍詳しい自信があります。

そんな僕が、地方公務員(一般行政職)の冬のボーナスがいくらもらえるのかを、団体ごとに年齢別で試算してみました!

にゃも
にゃも
公務員のボーナスは誰もが気になるネタだよね!僕もついつい公務員がいくらボーナスもらってるか調べちゃうんだよ~
にゃもやなぎ徹子
にゃもやなぎ徹子
すっごく分かるわ!
それに、何歳のときにいくらもらえるのかって大事よね。だって20代と50代とでは全然違うもの!

→ 国家公務員のボーナスはコチラの記事へどうぞ

公務員の給料については、公務員の給料まとめ!元公務員(給料担当)が徹底的に解説したぞ!にまとめました。これを読めば公務員の給料のすべてが分かります!

→ 公表されたボーナスの支給額についてはこちら!裁判官長官は1回のボーナスで500万超え!?

地方公務員の2019年冬のボーナス支給日は?

公務員は年2回ボーナスが支給されます。冬のボーナス支給日については、以下のとおりです。

冬のボーナスの支給日

12月10日

(参考)夏のボーナスの支給日

6月30日

国家公務員も地方公務員も、この日付に支給されると考えてOKです。地方公務員は、給料日なども自由に条例で決めることができますが、ほとんどが国にならっているからです。

→ 実は、公務員のボーナスが3回もらえた時代もありました。

ボーナス日が休日なら前日か前々日に支給される

たとえば・・・

12月10日が土曜 ⇨ 12月9日(金)に支給

12月10日が日曜 ⇨ 12月8日(金)に支給

2019年は12月10日が火曜日なので、通常どおり冬のボーナスは支給されるということです。

 

2019年のボーナス支給月数を予想してみた

2019年のボーナス支給月数を予想してみた2018年8月の人事院勧告では、国家公務員のボーナスは前年度よりも0.05ヶ月分増額となる改定が行われました。

そこで、2019年の人事院勧告ではどのような勧告がされるか予想してみました。

僕の予想では、据え置きです。

ここ5年間、公務員のボーナスは増額改定が続いていました。その背景には、アベノミクスによる企業の業績が好調だったことが挙げられます。

しかしここ最近、企業の業績の伸びが鈍化してきています。決算発表を見ても下方修正している企業が目立つようになってきました。

さらに、日経平均株価も25,000円のカベを超えることができず、下落トレンドに入っているようにも見受けられます。(2019年1月19日現在)

そして米中の貿易戦争の不透明感は2018年から引き続き続いたまま。こうした情勢を受け、日本国内企業の業績が好調なままでいることは難しいのではと考えました。

2018年のボーナスは年間で4.45ヶ月分支給されましたので、2019年もこの4.45ヶ月分が支給されると予想します。

地方公務員の冬のボーナスは何ヶ月分もらえるの?

地方公務員の冬のボーナスは何ヶ月分もらえるの?2018年8月の人事院勧告では増額改定が行われた結果、年間で4.45ヶ月分支給されることになりました。

そして、2018年度と据え置きという予想からすると、地方公務員の冬のボーナスの支給月数は2.355ヶ月分です。

地方公務員の冬のボーナス平均支給額は?

それでは冬のボーナスの試算結果をご紹介します。地方公務員の団体ごとのボーナスの平均支給額はこちらです。

地方公務員分類 冬のボーナス平均支給額
全体 827,606円
(平均年齢42.3歳)
都道府県 820,802円
(平均年齢43.1歳)
指定都市 869,908円
(平均年齢41.8歳)
807,769円
(平均年齢41.9歳)
町村 757,362円
(平均年齢41.4歳)
特別区 914,852円
(平均年齢41.6歳)

地方公務員(全体)の2019年冬のボーナス年齢別支給額は?

まずは地方公務員全体のボーナスを見ていきましょう。全体というのは、全都道府県、全市町村、指定都市、特別区をすべてひっくるめたものです。なお、最も人数が多い一般行政職で試算しています。

なお、試算にあたっては平成29年4月1日地方公務員給与実態調査結果を活用しています。http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_gyousei/c-gyousei/teiin-kyuuyo02.html

地方公務員全体の2019年冬のボーナス年齢別支給額(平均年齢42.3歳)

年齢 冬のボーナス額
18 ~ 19歳 419,397円
20 ~ 23歳 486,569円
24 ~ 27歳 544,083円
28 ~ 31歳 611,838円
32 ~ 35歳 690,922円
36 ~ 39歳 781,959円
40 ~ 43歳 875,662円
44 ~ 47歳 931,174円
48 ~ 51歳 972,964円
52 ~ 55歳 1,007,712
56 ~ 59歳 1,037,545円

算定方法は、(基本給+扶養手当(8,990円)+地域手当(17,715円))×2.355ヶ月で算出しています。
地域手当と扶養手当は、全体の平均額を用いています。

地方公務員(都道府県)の2019年冬のボーナス額は?

続いて、都道府県のボーナスを見てみましょう。

都道府県の2019年冬のボーナス年齢別支給額(平均年齢43.1歳)

平均年齢 冬のボーナス額
18 ~ 19歳 419,093円
20 ~ 23歳 484,977円
24 ~ 27歳 540,341円
28 ~ 31歳 603,784円
32 ~ 35歳 679,246円
36 ~ 39歳 769,063円
40 ~ 43歳 859,740円
44 ~ 47歳 923,984円
48 ~ 51歳 970,328円
52 ~ 55歳 1,006,800円
56 ~ 59歳 1,036,252円

算定方法は、(基本給+扶養手当(9,325円)+地域手当(18,397円))×2.355ヶ月で算出しています。
地域手当と扶養手当は、全体の平均額を用いています。

地方公務員(指定都市)の2019年冬のボーナス額は?

次に、指定都市のボーナスです。

指定都市の2019年冬のボーナス年齢別支給額(平均年齢41.8歳)

平均年齢 冬のボーナス額
18 ~ 19歳 452,584円
20 ~ 23歳 520,942円
24 ~ 27歳 578,167円
28 ~ 31歳 651,551円
32 ~ 35歳 731,833円
36 ~ 39歳 821,890円
40 ~ 43歳 905,846円
44 ~ 47歳 967,754円
48 ~ 51歳 1,017,374円
52 ~ 55歳 1,061,820円
56 ~ 59歳 1,102,927円

算定方法は、(基本給+扶養手当(8,680円)+地域手当(35,615円))×2.355ヶ月で算出しています。
地域手当と扶養手当は、全体の平均額を用いています。

地方公務員(市役所)の2019年冬のボーナス額は?

次に、市役所のボーナスです。

市役所の2019年冬のボーナス年齢別支給額(平均年齢41.9歳)

平均年齢 冬のボーナス額
18 ~ 19歳 408,802円
20 ~ 23歳 475,606円
24 ~ 27歳 529,496円
28 ~ 31歳 589,056円
32 ~ 35歳 660,453円
36 ~ 39歳 751,718円
40 ~ 43歳 842,758円
44 ~ 47歳 911,369円
48 ~ 51歳 960,442円
52 ~ 55歳 997,481円
56 ~ 59歳 1,026,283円

算定方法は、(基本給+扶養手当(9,618円)+地域手当(13,442円))×2.355ヶ月で算出しています。
地域手当と扶養手当は、全体の平均額を用いています。

地方公務員(町村)の2019年冬のボーナス額は?

次に、町村のボーナスです。

町村の2019年冬のボーナス年齢別支給額(平均年齢41.4歳)

平均年齢 冬のボーナス額
18 ~ 19歳 379,635円
20 ~ 23歳 433,195円
24 ~ 27歳 489,868円
28 ~ 31歳 544,403円
32 ~ 35歳 612,594円
36 ~ 39歳 701,237円
40 ~ 43歳 793,065円
44 ~ 47歳 861,294円
48 ~ 51歳 907,299円
52 ~ 55歳 941,176円
56 ~ 59歳 962,976円

算定方法は、(基本給+扶養手当(10,185円)+地域手当(2,405円))×2.355ヶ月で算出しています。
地域手当と扶養手当は、全体の平均額を用いています。

地方公務員(特別区)の2019年冬のボーナス額は?

最後に、特別区のボーナスです。

特別区の2019年冬のボーナス年齢別支給額(平均年齢41.6歳)

平均年齢 冬のボーナス額
18 ~ 19歳 517,422円
20 ~ 23歳 587,384円
24 ~ 27歳 635,461円
28 ~ 31歳 706,373円
32 ~ 35歳 795,663円
36 ~ 39歳 881,366円
40 ~ 43歳 966,859円
44 ~ 47歳 1,015,179円
48 ~ 51歳 1,046,762円
52 ~ 55歳 1,079,824円
56 ~ 59歳 1,114,275円

算定方法は、(基本給+地域手当(4,983円)+扶養手当(64,045円))×2.355ヶ月で算出しています。
地域手当と扶養手当は、全体の平均額を用いています。

公務員のボーナスの計算の仕方

ボーナスについて紹介してきましたが、ボーナスの詳しい計算方法が知りたい方はこちら。思っていたよりカンタンに計算できるのでびっくりです。

→ 公務員のボーナス計算方法についてはコチラ

さいごに

以上が地方公務員の冬のボーナスでした。

2018年は民間の景気も少しずつ上向いてきていることを受けて、増額改定が行われましたが、2019年は厳しくなることが予想されます。

となると、これまで増額続きだった公務員のボーナスや給料もいったん頭打ちになるかもしれませんね。

過去10年分の推移は以下のページでまとめましたので、知りたい方は以下のリンクからどうぞ。

>国家公務員・地方公務員のボーナスの比較と推移をまとめた記事はコチラ

公務員におすすめの本

年齢も上がって、少しずつボーナスが増える喜びとともに、部下を持つことになって日々大変な思いをしている公務員の方も多くいらっしゃると思います。

どうやってリーダーシップを示せばいいのか?とお悩みの方には、ぜひ読んでいただきたい書籍があります。それは、トライブ=人を動かす5つの原則=です。

著書紹介はこちら。

なぜ、優れたリーダーでも新しい環境では失敗することが多いのか?

なぜ、並のリーダーでも本来の能力よりも優れているように見えるのか?

なぜ、失敗ばかりしているリーダーなのに部下に慕われるのか?

この疑問の解明に取り組むために、ある1人の男が2万4000人を対象にした10年に及ぶ追跡調査を実施しました。

すると意外なことに、会社の中で部下を動かすのにリーダーシップはほとんど関係ないということが分かったのです。

組織やチームで人を動かすために必要なこととは?

書籍を詳しく見てみる

リーダーシップで悩んでいる方はぜひどうぞ。

また、日本の歴史に関心がある方はこちらの書籍も読んでみてはいかがでしょうか。こちらはなんと、1,980円が今なら無料です。※送料が550円かかりますが。

<5万部突破>太平洋戦争の大嘘が無料

<国際政治学者の講演録>ついに解禁!
47年非公開にされた元米国大統領の告発。史上最大の戦争仕掛けた真犯人は誰か?

通常¥1,980のところ・・
無料でどうぞ!

太平洋戦争の大嘘を詳しく見てみる

プロフィール
にゃもにゃも@元公務員ブロガー

理系大学から独学で県職員(行政職)になったけれど、途中で夢を見つけたため転職した元公務員の「にゃも」です!

【経験・特技】

  • 行政→映像制作への転職経験あり。人生1度も面接に落ちたことはありません。
  • 3DCG、フォトショップなどを使った映像制作が本業。
  • 株、FX、先物取引経験あり。

【好きなこと】

  • 未知への挑戦
  • 財テク
  • 読書(月30冊以上!)
  • 旅行(30歳で初の海外旅行。見事にハマりました 笑)
  • ヨガ
  • 猫が大好き。癒やされる…

口ぐせは「にゃもーん」(都合の悪いことを言われて、知らんぷりするときに使う)

現在は世界中で公開される映画タイトルの3DCGを作ってます。

このブログでは元公務員という経験を活かして、公務員のことをときにゆる~くときに真面目に分かりやすくお届けします!

詳しいプロフィールはこちら ⇨ にゃものプロフィールを見る