公務員予備校を徹底比較!元公務員オススメ予備校の料金・口コミ・特徴まとめ

公務員のメリットをひたすら紹介!公務員になる前から老後まで

公務員は、子どもの人気職業ランキングの上位に食い込んでくるような人気の高い職業です。

人気が高くなるのは、公務員に魅力的なメリットがあるからです。では、具体的に公務員にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

ここでは、公務員になる前から老後までのメリットについて、ひたすら紹介していきます。

一般企業の会社員になることと公務員になることを悩んでいる方や、公務員を目指している方は参考にしてみてください。

公務員になるまでのメリット

公務員になるまでのメリット公務員になるまでのメリットは、試験を受けるだけで良いということ。公務員試験を受けて合格することができれば、晴れて公務員として働くことができます。

一般企業では、エントリーシートを書いたり、入社試験・面接を何度も繰り返したりする必要がありますが、公務員は1次試験と2次試験を通過するだけでいいのです。

試験を合格するためには勉強をする必要がありますが、何度も面接などを受ける一般企業よりも1回の受験で済むのはメリットですね。

公務員であれば、多くても2次面接まで。大企業ともなれば4次や5次面接まであることも。試験の点数さえ確保してしまえば有利に立ち回ることができるだけ、自分の努力次第で合格率をアップさせやすい職業といえます。

>公務員に向いていない性格はこんな性格です

公務員の仕事面のメリット

公務員の仕事面のメリット公務員の仕事面でもメリットは二つあります。一つ目は、管理目標はあるもののノルマは課せられないことです。

公務員も一般企業と同じように管理目標などを設定していますが、企業のようにノルマがあって売り上げを達成しなくてはいけない、なんてことはありません。

ですから、ノルマを課せられてストレスを感じることがないのがメリットです。

>公務員のノルマについてはこちらの記事へどうぞ

二つ目は、人事異動があることです。職場での人間関係に悩んで、仕事を辞めたいと思っている方も多いでしょう。

しかし公務員は定期的に人事異動があるため、異動によって人間関係をリセットすることができます。

現在の職場に不満があっても、異動で解消される希望が持てるのは嬉しいことですね。

>公務員の人事異動の決め方はこちらの記事へどうぞ

>公務員の人事異動の時期と内示のタイミングはこちらの記事へどうぞ

公務員のお金面のメリット

公務員のお金面のメリット公務員の金銭面でのメリットは、なんといっても給料が安定していることでしょう。

一般企業では、景気が悪くなったり、経営状態が悪化してしまったときにボーナスがカットされたり、給料が減額されてしまったりすることがありますよね。

しかし、公務員は景気に大きく左右されることがないので、安定した給料を手にすることができます。

安定した収入を得たい方には、公務員はメリットが大きいと言えますね。

また、個々の能力に関係なく、年功序列で給料が増えていくこともメリットとなりますね。公務員は、毎年基本給が少しずつアップして、40歳くらいで年収650万程度になるようになっています。

さらに、役職に就けば役職手当も付くので、さらに収入は多くなるでしょう。年齢と共に収入がしっかりと増えていくのも、公務員のメリットです。

>公務員の30代での年収はこちらの記事へどうぞ

>公務員の40代での年収はこちらの記事へどうぞ

公務員の恋愛面のメリット

公務員の恋愛面のメリット公務員の恋愛面・結婚面でのメリットは、クビになることがないこと。

一般企業では、会社の都合によってリストラされる可能性があります。一方で、公務員は不祥事を起こさない限り解雇される心配がないことが最大のメリットです。

雇用が安定していることは公務員の強みであり、結婚相手として魅力的なポイントとなります。

また、公務員は基本的にカレンダー通りの出勤になることも恋愛面のメリットになります。休みが不規則ではないのでデートの予定も入れやすく、付き合いやすいのも公務員の魅力の一つです。

付き合っている相手が公務員と同じように土日休みなら、お互いの予定も合わせやすくさらに付き合いやすいと感じることでしょう。

公務員の子育て面のメリット

公務員の子育て面のメリット公務員の子育て面の最大のメリットは、産休・育休がしっかりと取れること。

公務員は育休を最大3年取ることができます。これは、一般企業では考えられないことですよね。

また、産休を終えて職場復帰した際にも、時短勤務をすることができます。産休・育休に加えて、時短勤務ができるなんて、働く女性にとってはとても魅力的な事だと思います。

公務員は、子育てをする女性をしっかりとサポートする体制が取られているので、安心して産休・育休を取ることができるのがメリットです。

>公務員の育児休業についてはこちらの記事へどうぞ

公務員の老後のメリット

公務員の老後のメリット公務員の老後のメリットは、二つあります。

一つ目は、退職金が十分に支払われること。公務員が定年退職をした場合、自己都合で退職するよりもはるかに多くの退職金を手にすることができます。

公務員の定年退職時の退職金は、平均約2,200万円だと言うことを知っていましたか?

民間企業の退職金の平均は約2,000万円程度なので、公務員の方が多く退職金をもらえることになります。

>公務員の退職金についてはこちらの記事へどうぞ

退職金の差は老後の蓄えの差に繋がってくるので、たくさん退職金をもらうことができる公務員になった方がメリットがありますね。

二つ目は、年金の受給額が多くなる可能性が高いことです。年金は現役時代の収入が多い人ほど支払い額が多くなるので、その分受給額も高くなります。

そのため、収入が多くなりやすい公務員は一般企業の人よりも年金の受給額が高くなるケースが多いです。

年金がしっかりもらえると、老後も安心して生活できますね。

>公務員の退職後の生活と年金開始時期についてはこちらの記事へどうぞ

>自衛隊の定年後の生活と年金についてはこちらの記事へどうぞ

プロフィール
にゃもにゃも@元公務員ブロガー

理系大学から独学で地方の県職員(行政職)になったけれど、仕事をする中で夢を見つけたため転職した猫が大好きすぎる元公務員「にゃも」です!
現在は上京し、夢のクリエイティブ業界で世界中の人に知られる映画タイトルの3DCGを作ったりしてバリバリ働いています!
このブログでは元公務員という経験を活かして、公務員に関するさまざまな疑問や悩みを解決するための記事を書いています。

公務員になりたい、公務員と結婚したい、公務員だけどお金がほしい、公務員の仕事について知りたい、公務員を辞めたい…

など幅広く公務員のことについて、ときにゆる~くときに真面目に分かりやすくお届けします!

詳しいプロフィールはこちら ⇨ にゃものプロフィールを見る