公務員予備校を徹底比較!元公務員オススメ予備校の料金・口コミ・特徴まとめ

自衛官の福利厚生は超充実!衣食住タダ、手当多い、ディズニーも。

働くうえで、福利厚生を重視する人は少なくはないのではないでしょうか。実は、自衛隊は福利厚生がとても充実している仕事なのです。

この福利厚生は、現役の隊員でも「そんなのあったの!?」と驚くほどに充実しています。こう聞くと、いったいどれくらい充実しているの!?と気になる人も多いはず。

今回は、そんな充実した福利厚生の実態についてお話していきます。

自衛隊の福利厚生とは

自衛隊の福利厚生とは福利厚生とは、企業が従業員に対して通常の賃金・給与にプラスして支給する非金銭報酬です。

多くの場合、企業の福利厚生の対象は従業員だけではなく、その配偶者や家族、あるいはかつて従業員だった人も受けることが出来ることも。

就職活動をするうえで、福利厚生、残業や手当について企業へ質問することはタブーと言われたことはないですか?

実は、福利厚生は企業によってさまざま。中にはそんなに充実していない企業もあるのです。

どうせなら、福利厚生が充実した仕事に就いて、プライベートでもお得に生活したいですよね。

自衛隊の福利厚生はとても充実!衣食住タダ!?

自衛隊の福利厚生はとても充実!衣食住タダ!?「自衛隊の駐屯地は一つの町のようになっている」と聞いたことがありませんか?実は、自衛隊の駐屯地の中は、本当に一つの町になっているのです。

少し前に、朝霞駐屯地内のファミリーマートがテレビで取り上げられたことをご存知でしょうか。

自衛隊の隊員は、許可をもらわないと駐屯地買いに出ることが出来ないという厳しい決まりがあるため、コンビニや居酒屋、床屋、大浴場など様々な施設があります。

また、必ずと言っていいほどにATMがついているので自由にお金をおろすこともできますし、煙草も買うことが出来るため、基本的に寮に住む「営内者」と呼ばれる隊員は外出をしなくてもある程度の生活が駐屯地内でできてしまうのです。

そして、営内者は寮の家賃、光熱費、水道代から、食費、制服代などがすべて無料なので、営内にいる間、本当に突き詰めていくと給料をほぼ丸々貯金することが出来てしまうのです。

隊員の中には、手取りの半分以上を貯金して、結婚費用に当て込んだという人もいるようです。

自衛隊は手当の種類が多い!

自衛隊は手当の種類が多い!「落下傘で一回飛び降りると結構な手当てがもらえるらしいよ!」と聞いたことはありませんか?

実は、自衛官は、特殊な仕事が多いこともあって、普通の人は聞いたことがないような手当がたくさんあります。

夜間作業すればそれなりに手当はもらえますし、もしもの際に災害派遣にいくことになれば、災害派遣手当てがもらえます。

死体処理や、国際緊急援助、駐留軍関係業務といった仕事に対する手当は自衛隊ならではな手当なのではないでしょうか。

そのほか、地域によってもらえる手当や、結婚したり寮を出た場合は扶養手当や通勤手当も支給されます。

ざっと紹介しましたが、このほかにも多くの手当が支給されるため、中には、手当重視で勤務地や職種を選択する隊員もいるそうですよ。

自衛隊が加入できる保険が多い!

自衛隊が加入できる保険が多い!自衛隊に入ると、たくさんの保険に入ることができます。実は、自衛官は入隊をすると「おめでとうございます」と同時に様々な保険を紹介されます。

団体生命保険や場外保険、医療保険はもちろんのこと、年金保険と種類は様々。中には海外派遣に特化した保険もあり、調べるだけでも気が遠くなるようなほどに種類豊富。

まずは、入隊時に紹介された保険に加入すれば、退職までは本当に手厚い保証を約束されるため、結婚前までは自衛隊にもともとある保険に加入し、結婚後、保険の見直しをかける隊員も多いようです。

また、車の保険や火災保険も充実しているため、なかなか保険に対してなかなか知識が疎い隊員でも、安心して入ることが出来ます。

老舗保険会社との提携が多いので、ネット保険や外資に比べると割高かな。と言った保険もありますが、見直しもできて解約も自由なので、ライフイベントのたびに保険を見直して、個人で契約した保険と組み合わせていく隊員もいるそうです。

自衛隊の中で加入できる団体保険の中には退職後も適用される保険もあるので、よく調べて加入する保険と解約する保険を厳選していくと、お得で手厚い保証をうけることができます。

とはいえ、すすめられるがまま加入した保険は割高になっていることが多いもの。保険の見直しで保険料金を節約できれば、年収がアップしたのと同じ効果が得られますよ。

>保険を見直して年収アップする

みんなの生命保険アドバイザー

住居に対する福利厚生が充実

住居に対する福利厚生が充実「衣食住タダって言っても、結婚後はお金かかるからね!」と、営内者といわれる隊員はよく言われます。

結婚して奥さんと同居したり、ある程度の年齢や階級に達すると寮を出ることになった営外者は、寮から出てしまうため衣食住にお金がかかってきます。

食費や衣類、光熱費などは、うまく節約をしていけばそこまでかかりませんが、毎月の家賃を考えると、少しでも安いところに住みたいですよね。

実は、自衛官はある一定の条件をクリアすれば家賃を節約することができるのです。

一番節約できるのは自衛隊の官舎に住むこと。しかし、建物が古かったり入居トラブルも多いようです。また、近所づきあいも複雑な官舎もあるようなので、そういったリスクが気にならない人にはお勧めかと思います。

だいたいの官舎が3LDK程の広めの作りになっているのですが、住居手当が出ないので、同じ家賃を支払うなら少し割高でもアパートを借りて、住居手当を支給してもらう隊員も多いようです。

>チャットでやりとりできて、来店する時間が無い人にもおすすめな物件選びアプリ「ietty」。しかも仲介手数料が半額です。

また、安い金利でローンを組むことが出来るため、住宅ローンを組んで、夢のマイホームを手に入れる隊員もいるようですよ。

しかし、このローンは定年退職の際に残金を一括返金しなければならないため、あまりお勧めはできません。

>住宅ローンの審査や借り換えは、一括比較すると損をせずにすみます

ディズニーにも安く行ける!

ディズニーにも安く行ける!「自衛官 福利厚生」で検索すると、「ディズニー」と出てくるのをご存知ですか?実は、自衛隊は福利厚生の一環としてJTBベネフィットに加入しています。

この、ベネフィットの優待特典が本当に充実しているため、東京ディズニーリゾートをお得に楽しめる割引券を受け取ることが出来るのです。

さらにベネフィットの特典で、高速バスや飛行機も通常より安く利用できるため、東京ディズニーリゾートがお得に楽しめるといったしくみ。

ディズニーだけではなく、スキー場や、各種テーマパークの割引や、温泉施設の割引も受けることが出来るため、上手に使えば、旅行代やデート代をかなり節約することが出来ます。

婚活や転職の面倒も見てくれる

自衛隊に入ると婚活や、退職後の再就職先などを面倒見てくれるときいたことがありませんか?

再就職についてはこのブログでも何度か取り上げたことがありますので割愛しますが、「婚活ってどういうこと!?」と驚かれるかた、結構多いのでは。

>自衛隊の再就職についてはこちらの記事へどうぞ

実は、自衛隊は駐屯地によっては、「お見合いパーティ」と称して、独身の隊員と自衛官と結婚したいと思っている一般女性がお見合い形式で出会うことのできる交流会も開催されているのです。

駐屯地の広報に問い合わせてみると、かなりの熱量で婚活パーティの紹介をされるようですよ。

以前、ナインティナインが出演する番組でお見合いパーティの様子を密着していたので、もしかするとご存知の方もいると思います。

海上自衛隊や陸上自衛隊、米軍基地など、基地の町である横須賀市のサイトを確認してみると「国防男子とミニトーキング」と称して様々な婚活企画を開催しています。

https://www.sukalive.jp/event?ID=31

参加したことのある隊員から話を聞くと、だるそうな雰囲気を出しますが、結構出会いが多くて楽しいらしく、その出会いがきっかけで結婚をする隊員もいるとか。

福利厚生が超充実している自衛官との出会いなら、マッチングアプリを使った出会いがおすすめです。詳しくは公務員と出会いたい!元公務員も使ったおすすめマッチングアプリの記事へどうぞ。

自衛隊の福利厚生は特殊な環境での仕事もあってか、非常に充実しているようですね。

福利厚生は、駐屯地の担当部署に申請すれば簡単に受けることが出来る便利なサービスですから、活用しない手はないと思います。

福利厚生については、公式サイトでも調べることが出来るので、是非チェックしてみてくださいね。
http://www.mod.go.jp/gsdf/jieikanbosyu/streaming/movie/section_05/

プロフィール
にゃもにゃも@元公務員ブロガー

理系大学から独学で地方の県職員(行政職)になったけれど、仕事をする中で夢を見つけたため転職した猫が大好きすぎる元公務員「にゃも」です!
現在は上京し、夢のクリエイティブ業界で世界中の人に知られる映画タイトルの3DCGを作ったりしてバリバリ働いています!
このブログでは元公務員という経験を活かして、公務員に関するさまざまな疑問や悩みを解決するための記事を書いています。

公務員になりたい、公務員と結婚したい、公務員だけどお金がほしい、公務員の仕事について知りたい、公務員を辞めたい…

など幅広く公務員のことについて、ときにゆる~くときに真面目に分かりやすくお届けします!

詳しいプロフィールはこちら ⇨ にゃものプロフィールを見る