公務員予備校を徹底比較!元公務員オススメ予備校の料金・口コミ・特徴まとめ

公務員から民間への転職を成功させる方法!志望動機をしっかりと。

「公務員になったけれど民間企業へ転職したい」

公務員として働きながらも、こんな思いを抱いている人は少なくないのではないでしょうか。

しかし、転職となるとなかなか一歩踏み出せないと転職を渋っている人もいるかもしれませんね。

ここでは、公務員から民間企業へ転職する際に、転職を成功させるための志望動機を紹介します。

公務員から民間企業へ転職することを考えている人は、参考にしてみてくださいね。

公務員から民間への転職を成功させるための志望動機

公務員から民間への転職を成功させるための志望動機公務員から民間企業へ転職を希望している人の多くは、公務員の仕事に対して不満があるなど、後ろ向きな理由を持っていると思います。

しかし、そんな気持ちを志望動機に込めてしまうと、民間企業への転職は上手くいきません。

ここでは、公務員から民間企業への転職を成功させるための志望動機を作るポイントを3つ紹介します。

公務員を悪く言うような内容にしない

1つ目は、公務員を悪く言うような内容にしないこと。

今までの職場での仕事内容を悪く言ってしまうと、民間企業からは「転職しても同じような不満を抱いて辞めてしまうのではないか」と思われてしまいます。

民間企業へ転職を志望した動機が公務員に不安があることだったとしても、そのまま伝えるのはやめましょう。

面接での志望動機には、「これから民間企業で働いてどんなことをしたいか」のようなこれからのことを話すようにすると、印象が良くなります。

過去のことを掘り下げて話しても、デメリットしかないので、未来の自分がやりたいことについてを志望動機に含めるようにしましょう。

ストーリーを作る

2つ目は、ストーリーを作ること。

志望動機に説得力がないと「この人はどうして転職したいのだろう」と思われてしまいます。そのため、志望動機に説得力を持たせるために、話にストーリー性をもたせることも大切です。

転職先の業界に興味を持ったきっかけを自分の経験や体験をもとに話すなど、方法は色々あります。特に公務員から民間企業へ転職する場合は、全く関係ないような分野の仕事を希望することもあると思います。

そんな時は、その仕事に興味を持った理由などを掘り下げて伝えられるようにするとよいでしょう。

転職理由と職種の志望動機を矛盾させない

3つ目は、転職理由と職種の志望動機が矛盾しないこと。

公務員が民間企業へ転職する時の面接では、転職理由と職種の志望動機などを聞かれることが多いです。

しかし、この2つがちぐはぐだと矛盾が生じてしまうので、矛盾しないように答える必要があります。

志望動機は面接を担当する企業の採用者が納得いくような、一貫性のある内容にすることが大切ですね。一度志望動機を考えたら、辻褄が合っているのかを確認するようにしましょう。

ここで紹介した内容以外にも、志望動機の考え方や伝え方はあると思います。

公務員から民間企業へ転職する場合は、ここで紹介した志望動機の伝え方を参考にしながら、説得力のある志望動機を考えてみてくださいね。

公務員から転職するなら転職エージェントを活用するべき

公務員から転職するなら転職エージェントを活用するべき公務員から民間企業への転職を考えている場合は、転職エージェントを活用することをおすすめします。

転職エージェントを活用するメリットは、3つあります。

1つ目は、就職活動をサポートしてもらえること。

転職エージェントに登録すると、専門のキャリアアドバイザーが付いてくれます。

いざ転職すると決めても、自分一人ではどうしていいかわからなくて困ってしまうこともありますが、キャリアアドバイザーが付いてくれるので、転職活動をサポートしてもらうことが可能です。

困った時に相談できる相手がいるというのも、安心できるポイントですね。

2つ目は、転職経験者の体験談を読んだり、聞いたりできること。

転職エージェントには、公務員から民間企業へ転職する人をサポートするようなところもあります。

そういった転職エージェントに登録すると、実際に公務員から民間企業に転職した人の体験談を知ることができます。

公務員から民間企業へ転職する場合には、どのようなことをすればいいのか、苦労したことは何かなど、気になることを知ることができるので、転職エージェントを利用するメリットは大きいです。

また、様々な人の体験談を読むことで、視野を広げることもできますね。

3つ目は、技術を身に付けることができること。

転職エージェントの中には、エンジニアなどの技術職になるために学習プログラムを用意しているところもあります。

エンジニアになることでものづくりなどに携わる仕事をすることもできるため、転職の幅が広がります。

公務員からエンジニアになることは難しいと思われていますが、実際にエンジニアに転職した人もいます。

そのため、技術を身につけてエンジニアを目指す人は、未経験者からでもエンジニアになれるようの学習プログラムを用意している転職エージェントを探してみることをおすすめします。

おすすめの転職エージェント

おすすめの転職エージェント

転職エージェントは、漠然とした相談でも親身になって聞いてくれます。そして、あなたの現状やこれまでの仕事内容を伝えることで、あなたの要望にぴったりの職場を見つけてくれます。

まだ、今後の希望についてはっきりとしたイメージが湧いていないという状態でも大丈夫です。他人に話すことで不安な気持ちは軽くなりますし、今まで気付かなかった「こうなりたい」といった思いを知ることができるかもしれませんよ。

そのため、一度勇気を出して一歩踏み出してみることが大切です。

行動を起こさなければ、現状のまま事態はまったく変わってくれません。

プロフィール
にゃもにゃも@元公務員ブロガー

理系大学から独学で地方の県職員(行政職)になったけれど、仕事をする中で夢を見つけたため転職した猫が大好きすぎる元公務員「にゃも」です!
現在は上京し、夢のクリエイティブ業界で世界中の人に知られる映画タイトルの3DCGを作ったりしてバリバリ働いています!
このブログでは元公務員という経験を活かして、公務員に関するさまざまな疑問や悩みを解決するための記事を書いています。

公務員になりたい、公務員と結婚したい、公務員だけどお金がほしい、公務員の仕事について知りたい、公務員を辞めたい…

など幅広く公務員のことについて、ときにゆる~くときに真面目に分かりやすくお届けします!

詳しいプロフィールはこちら ⇨ にゃものプロフィールを見る