公務員試験に合格できる通信講座を徹底比較!料金・口コミ・特徴まとめ

教員(教師・先生)のおすすめ転職先4選!転職は悪いことじゃない。

「教員は忙しすぎるから転職したい!」

「教員をしているけれど、どんなところに転職できるのか知りたい」

教員資格を取って教師として働いていても、仕事内容が大変だったり残業が多かったりして教員を辞めたいと思っている人も多いと思います。

今回は、そんな教員の方に向けて教員のおすすめの転職先を紹介していきたいと思います。

教員を辞めて他の職に就こうと考えている人は、転職先の参考にしてみてくださいね。

教員・教師の転職先でおすすめの仕事は?(教育業界)

教員・教師の転職先でおすすめの仕事は?(教育業界)教員・教師は、小学校や中学校などの教員免許を取得しているため、教育に対してのプロフェッショナルと言えます。

そんな教員のおすすめの転職先として、教育業界から二つ紹介したいと思います。

学習塾の講師

一つ目は、学習塾の講師として働くこと。

教員を辞めて再就職した人の中には、学習塾や習い事の講師になっている人も多いです。

学習塾などの講師は、これまでの教員経験を十分に活かすことができる仕事なので、教員をしていた人にはとても向いている職業です。

もともと、「子どもと関わる事が好き」「子どもに勉強を教えたい」と思って教員になっているので、教員経験者は学習塾などの講師としても十分に活躍できると思います。

また、学校と違い個別指導を行っているような学習塾も多いため、自分の働きやすい環境を選びやすいのもおすすめのポイントです。

学童保育などの指導員

学童保育などの指導員二つ目は、学童保育などの指導員として働くこと。

ほとんどの学校には、仕事をしている保護者の子育て支援として「学童保育」を併設しています。

学童保育では、学校が終わってから保護者が迎えに来るまでの間、子ども達の宿題を見たり、おやつを出したり、一緒に遊んだりするような仕事になります。

子ども達と接する時間が多いため、教員の経験やスキルを活かすことができるのが、メリットの一つです。

実際に教員を辞めて学童保育の指導員として勤務している人も多いため、教員経験者にとって働きやすい職場とも言えると思います。

→ 小学校教員の転職先の見つけ方!教師を辞めたい人にオススメの方法

教員・教師の転職先でおすすめの仕事は?(教育業界以外)

教員・教師の転職先でおすすめの仕事は?(教育業界以外)「教員をしているけれど、教育業界ではないところで再就職したい」と考えている人も少なくないでしょう。

教員を辞めたいと思った理由にもよると思いますが、教育関係の仕事をもうしたくないと思ってしまう人もいると思います。

そのような人に向けて、教育業界以外のおすすめの転職先を二つ紹介します。

民間企業の総合職

一つ目は、民間企業の総合職として働くこと。

教員は、保護者や子ども、同僚の教員達とコミュニケーションをしっかりと取らなくてはいけない職業です。

そんな教員経験者は、コミュニケーション能力の高さを武器にすることができます。民間企業の総合職といっても職種はさまざまですが、コミュニケーション能力を活かすには営業職がおすすめです。

営業職では、取引先の人とどれだけ話がきちんとできて、売り込みができるかということが重要なポイントとなってきます。

子どもや保護者といった特殊な関係の中でうまく対応できていた人なら、取引先の人とも上手に接することができるでしょう。

実際に教員から営業職に転職した人の中には、「子どもや保護者と話をするよりも対等に話ができるので、営業の方が向いている」と感じている人もいるようです。

人と接することや話をすることに対して苦痛を感じなかったり、会話力を活かしたいと思っていたりする人には営業職がおすすめです。

→ 30代の教員が転職する方法はこちら

民間企業の事務職

民間企業の事務職二つ目は、民間企業の事務職です。

教員の仕事には、子ども達に授業をして勉強を教えたり部活動などで指導をしたりするだけでなく、授業後の事務作業もたくさんあります。

授業の準備や部活動の指導をしながら事務作業をこなすことはとても大変なことですが、事務作業が嫌ではないと感じている教員にとっては、民間企業の事務職がおすすめです。

教員をしていると自分のペースで事務仕事をこなすことは難しいですが、事務職として勤務する場合は、自分のペースで仕事をこなすことができるのがメリットです。

さらに、ワードやエクセルなどのパソコンスキルやコンピューター関連の資格を持っている場合は、転職活動をしている時に有利になることもあります。

「子どもと関わる」という教員としての経験は十分に活かすことはできないかもしれません。

しかし、「静かな環境で淡々と仕事をこなしたい」「事務作業の方が自分に向いている」と思っている人には、事務職を転職先に選ぶことをおすすめします。

また、事務職は定時で退社できるところも多いため、結婚や子育てをしながら働きたいと思っているような女性の方にも向いているかもしれませんね。

ここで紹介した教員の転職先は四つですが、これ以外にも様々な転職先があります。転職を考えはじめたら、自分の持っている資格やスキルを再度確認してみましょう。

資格やスキルが活かせる仕事を再就職先に選ぶことも就職先選びで大切なことです。

紹介した転職先を参考にしつつ、自分の持っている経験やスキルなどを考慮して、自分に合った転職先を探すことをおすすめします。

→ 20代で転職したい人におすすめの転職エージェントはこちら

転職はあなた自身のためのもの

転職は悪いことでもなんでもない一度は教員になったのですから、純粋に子供と関わることが好きだったり、教えることに並々ならぬ情熱を持っていたはず。

まるで松岡修造のような、心のどこかにアツい思いを持っていたことと思います。

しかし転職を考えているということは、さまざまな事情からそう考えざるを得ないということでしょう。そして転職を考えることは、悪いことでもなんでもありません。

これまで力いっぱい頑張ってきたのですから、これからの自分の人生を考え直してもいいのです。

最初に教師になろうとしたときの熱い想いを思い出してみてください。希望に満ちあふれていたはずです。

新しい職場に移る不安はあるかもしれません。しかし、働く場所は変わったとしても、情熱さえあれば仕事は一からやり直すことが可能です。

そして一歩を踏み出すためにも、まずは転職エージェントに無料登録して転職に関する情報を集めましょう。

悩みの相談に無料で乗ってくれたうえで、あなたが希望する仕事やおすすめの職種を提案してくれますよ。

また、言い出しづらい年収、労働条件、入社の日程などの面倒な交渉をすべてやってくれるので、仕事が忙しくても転職の準備を勧めることができるのがエージェントのメリットです。

転職活動は一人でするものではありません。寄り添ってくれるエージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

もし次の転職先を探すのなら、公務員におすすめ転職サイトと転職エージェントの記事をご覧ください。

僕も転職を成功させていますので、お力になれるかと思います。

おすすめの転職サイト・転職エージェント!両者の違いも説明します
公務員のためのおすすめ転職サイトと転職エージェント!いざ転職しようと思っても、分からないことが多くて困ってしまいますよね。 僕も公務員から転職するときは悩みましたが、転職サイトと転職...
プロフィール
にゃもにゃも@元公務員ブロガー

理系大学から独学で県職員(行政職)になったけれど、途中で夢を見つけたため転職した元公務員の「にゃも」です!

【経験・特技】

  • 行政→映像制作への転職経験あり。人生1度も面接に落ちたことはありません。
  • 3DCG、フォトショップなどを使った映像制作が本業。
  • 株、FX、先物取引経験あり。

【好きなこと】

  • 未知への挑戦
  • 財テク
  • 読書(月30冊以上!)
  • 旅行(30歳で初の海外旅行。見事にハマりました 笑)
  • ヨガ
  • 猫が大好き。癒やされる…

口ぐせは「にゃもーん」(都合の悪いことを言われて、知らんぷりするときに使う)

現在は世界中で公開される映画タイトルの3DCGを作ってます。

このブログでは元公務員という経験を活かして、公務員のことをときにゆる~くときに真面目に分かりやすくお届けします!

詳しいプロフィールはこちら ⇨ にゃものプロフィールを見る