公務員試験に合格できる通信講座を徹底比較!料金・口コミ・特徴まとめ

公務員夏のボーナス2019令和元年まとめ!いくら?支給日は?

公務員のボーナスって毎年メディアが取り上げますよね。つまり、それだけ世間が注目するイベントだということです。

あなたも、公務員がどれだけ夏のボーナスをもらっているのか気になりませんか?

この記事では、そんな公務員のボーナスを職種ごとにまとめました。

この記事を読めば、身近にいる警察官や消防士、国家公務員などがいくらボーナスをもらってるか一目瞭然です。

そして僕は元公務員で、ある県庁の給料担当として働いていたことがあります。そのため、公務員の給料については人一倍自信があります。

それに仕事柄、官公庁が出している硬苦しい資料を読むのも慣れっこです。ボーナスの試算にあたってはいろいろな資料から算出しましたが、試算の精度は高いものになっていると自負しています!

にゃも
にゃも
法律とか条例とか、毎日文字の海だったよ~!
とらさん
とらさん
公務員のややこしい決まりも、この記事みたいなまとめをつくってくれれば分かりやすいのにな~
公務員の給料については、公務員の給料まとめ!元公務員(給料担当)が徹底的に解説したぞ!にまとめました。これを読めば公務員の給料のすべてが分かります!

→ 公表されたボーナスの支給額についてはこちら!裁判官長官は1回のボーナスで500万超え!?

ボーナス支給日・支給月数

ボーナス支給日・支給月数公務員のボーナスはいつもらえるのかって気になりますよね。僕も公務員時代は、ボーナス支給日が待ち遠しかったものです。

この記事では、そんな公務員のボーナス支給日と、公務員のボーナスが年間で何ヶ月分もらえるのかについて紹介したいと思います。

ここ数年はずっとボーナスがアップし続けていて安泰でしたが、経済の先行きに陰りが見え始めた2019年はどうなるか・・・?

公務員の2019年ボーナス支給日・支給月数は?元給料担当が解説!

 

国家公務員のボーナス

国家公務員のボーナスこちらは国家公務員の夏のボーナスを試算した記事です。ニュースで報道される公務員のボーナスは、国家公務員のボーナスだったりしますよね。

つまり、一般的にイメージされる公務員のボーナスは、この国家公務員のボーナスのことと言っても過言ではありません!

>国家公務員のボーナスはこちら

地方公務員のボーナス

地方公務員のボーナスこちらは地方公務員の夏のボーナスについて紹介しています。

都道府県、市役所、町村、指定都市、特別区ごとに分けて試算してありますので、あなたの気になる自治体区分をチェックすることができます!

>地方公務員のボーナスはこちら

東京都職員のボーナス

都庁こちらは東京都職員の夏のボーナスについて紹介しています。

なんと東京都は全国の一般的な公務員と違い、年間で0.1ヶ月分ボーナスが多いという特徴があります!

そんな東京都の職員の冬のボーナスを、都庁、警視庁、消防庁ごとに比較することができます。

>東京都職員のボーナスはこちら

警察官のボーナス

警察官のボーナスこちらは警察官の夏のボーナスについて紹介しています。

全国の警察と警視庁とで区分していますので、両者を比較しながら見ることができます!

>警察官のボーナスはこちら

消防士のボーナス

消防士のボーナスこちらは消防士の夏のボーナスについて紹介しています。

全国の消防士と消防庁とで区分していますので、両者を比較しながら見ることができますよ!

>消防士のボーナスはこちら

医者のボーナス

医者のボーナスこちらは医者の夏のボーナスについて紹介しています。

さすがはドクター。他の公務員よりも圧倒的に高くなっていますよ!

>医者のボーナスはこちら

薬剤師のボーナス

薬剤師のボーナスこちらは薬剤師の夏のボーナスについて紹介しています。

>薬剤師のボーナスはこちら

看護師のボーナス

看護師のボーナスこちらは看護師の夏のボーナスについて紹介しています。

>看護師のボーナスはこちら

地方公務員のボーナスランキング

アップこちらは地方公務員のボーナスを、都道府県、市、町村、指定都市、東京都特別区ごとにランキング形式にしたものです。

あなたの身近な市町村や、意外な自治体がランクインしているかも!?

>地方公務員のボーナスランキングはこちら

新規採用1年目のボーナス

カネこちらは新卒1年目の夏・冬のボーナスを試算した記事です。

新卒で満額もらえるようになるのは冬のボーナスから。入庁したてでいくらもらえるのか気になる方はどうぞ!

>新規採用1年目のボーナスはこちら

公務員のボーナスは年3回もらえていた

公務員のボーナスは年3回もらえていた

過去には公務員のボーナスが3回もらえていたことを知っていますか?平成14年までは公務員は年に3回ボーナスをもらっていたんです。

これを聞くと、「ふざけんな!ただでさえ高給取りなのに3回もボーナスをもらっていたなんて!」と憤りを感じる人も少なくないと思います。

その名も春のボーナス!

>公務員のボーナスはもらいすぎ?年3回もらえていた記事はこちら

公務員のボーナスの計算の仕方

公務員のボーナスの計算の仕方ボーナスについてまとめてきましたが、ボーナスの詳しい計算方法が知りたい方はこちら。思っていたよりカンタンに計算できるのでびっくりです。

>公務員のボーナス計算は超簡単!元県庁の給料担当がわかりやすく教えます!

公務員でもお金を稼ぐ方法

以上が公務員の夏のボーナスまとめでした!

あなたが思っていた金額と比べていかがでしたか?多かったですか?それとも思ったより少なかったでしょうか。

公務員のボーナスは、民間の景気を反映したものになっています。そしてここ数年、公務員のボーナスはアップし続けています。

「もらいすぎ!」と叩かれることもあるかもしれませんが、公務員のボーナスが上がり続けることは日本の景気が回復し続けている証拠でもあります。

しかし、2018年は民間の景気も少しずつ上向いてきていることを受けて、増額改定が行われましたが、2019年は厳しくなることが予想されます。

となると、これまで増額続きだった公務員のボーナスや給料もいったん頭打ちになるかもしれませんね。

公務員におすすめの本

年齢も上がって、少しずつボーナスが増える喜びとともに、部下を持つことになって日々大変な思いをしている公務員の方も多くいらっしゃると思います。

どうやってリーダーシップを示せばいいのか?とお悩みの方には、ぜひ読んでいただきたい書籍があります。それは、トライブ=人を動かす5つの原則=です。

著書紹介はこちら。

なぜ、優れたリーダーでも新しい環境では失敗することが多いのか?

なぜ、並のリーダーでも本来の能力よりも優れているように見えるのか?

なぜ、失敗ばかりしているリーダーなのに部下に慕われるのか?

この疑問の解明に取り組むために、ある1人の男が2万4000人を対象にした10年に及ぶ追跡調査を実施しました。

すると意外なことに、会社の中で部下を動かすのにリーダーシップはほとんど関係ないということが分かったのです。

組織やチームで人を動かすために必要なこととは?

書籍を詳しく見てみる

リーダーシップで悩んでいる方はぜひどうぞ。

また、日本の歴史に関心がある方はこちらの書籍も読んでみてはいかがでしょうか。こちらはなんと、1,980円が今なら無料です。※送料が550円かかりますが。

<5万部突破>太平洋戦争の大嘘が無料

<国際政治学者の講演録>ついに解禁!
47年非公開にされた元米国大統領の告発。史上最大の戦争仕掛けた真犯人は誰か?

通常¥1,980のところ・・
無料でどうぞ!

太平洋戦争の大嘘を詳しく見てみる

プロフィール
にゃもにゃも@元公務員ブロガー

理系大学から独学で県職員(行政職)になったけれど、途中で夢を見つけたため転職した元公務員の「にゃも」です!

【経験・特技】

  • 行政→映像制作への転職経験あり。人生1度も面接に落ちたことはありません。
  • 3DCG、フォトショップなどを使った映像制作が本業。
  • 株、FX、先物取引経験あり。

【好きなこと】

  • 未知への挑戦
  • 財テク
  • 読書(月30冊以上!)
  • 旅行(30歳で初の海外旅行。見事にハマりました 笑)
  • ヨガ
  • 猫が大好き。癒やされる…

口ぐせは「にゃもーん」(都合の悪いことを言われて、知らんぷりするときに使う)

現在は世界中で公開される映画タイトルの3DCGを作ってます。

このブログでは元公務員という経験を活かして、公務員のことをときにゆる~くときに真面目に分かりやすくお届けします!

詳しいプロフィールはこちら ⇨ にゃものプロフィールを見る