公務員予備校を徹底比較!元公務員オススメ予備校の料金・口コミ・特徴まとめ

公務員が民間に転職するときに知っておくべきこと!元県職員がまとめました。

「サービス残業ばかりで辛い」

「クレーム対応ばかりで憂鬱だ」

「上司のパワハラがひどい」

このように、公務員として仕事をしていると数多くの悩みがあなたを襲ってきます。

こんな毎日がこれからもずっと続くかと思うとゾッとしますよね。

ただ、この状況に恐怖を感じていたり、嫌だと思えているのであればラッキーです。なぜなら、今ならまだ間に合うからです。

何もしていないのに自然と涙が出てきたり、このままアクセルを踏み込んだらどうなるのかな?なんてことを真面目に考えるようになっているようであれば、それはうつ病です。

このままいけば、自殺する可能性も十分あります。

なぜなら私自身の体験として、あまりに仕事が忙しく正月休みも無いなか、帰りの車の中でこのままアクセルを踏み続けたら楽になれるのかな?なんてことを考えてしまったことがあるからです。

なんとか私はその年に異動することができたため乗り越えることができましたが、自分でも恐ろしいことを考えていたと思います。

このようなまともな精神状態になってしまう前に、心が苦しいと感じたら、公務員という身分にすがることなく転職を考えましょう。

もちろん上司に相談することも必要ですが、手遅れにならないことが大切です。

この記事では、さまざまなケースで公務員が転職を検討する場面の記事をまとめたものです。

ここにある記事を読んで、後悔をしない選択をしましょう。そして、家族や恋人、知人を悲しませないようにしましょう。

公務員がうつ病で退職したらどうなる?家族・お金・自分の将来。

公務員がうつ病で退職したらどうなる?家族・お金・自分の将来。職場で色々な辛いことがあってうつ病になってしまったら、公務員の仕事に復帰したとしてもまた同じ症状になってしまうかもしれず、とても不安ですよね。

それならいっそのこと退職して、新しい環境で頑張ってみるのもいいかもしれません。そして、そのように考えている方には、ぜひこの記事を読んでいただきたいと思います。

もし公務員がうつ病で退職してしまったらどうなるのか。気になる問題についてご紹介いたします。

>公務員がうつ病で退職したらどうなる?家族・お金・自分の将来。

うつ病になった公務員でも退職してから民間に転職できる?

うつ病になった公務員でも退職してから民間に転職できる?公務員は、比較的せまい職場環境や、異動の頻度が高いことによる職場環境の変化、そして多種多様な業務内容によってストレスの多い仕事です。

なので、うつ病になる人は多く存在し、その中には職を変えた方がよいのではないかと考える人もいます。

しかし、努力を重ねてやっとたどり着いた安定した職である公務員を手放すことは簡単にはできませんよね。そのため転職できずに葛藤する人がほとんどなのです。

公務員を続けるのか、転職するのか。その過程や先にはどんな状況が待っているのでしょう。

>うつ病になった公務員でも退職してから民間に転職できる?

残業代が出なくて嘆いている公務員へ。転職して時間もお金も余裕を持とう!

残業代が出なくて嘆いている公務員へ。転職して時間もお金も余裕を持とう!「こんなに頑張って残業しているのに残業代が出ない」

公務員で、このように悩んでいる人は多いのではないでしょうか。私も、公務員時代にはずっとこの悩みとつきあってきました。

ここでは、公務員の手当の中でも「残業手当」に焦点を当てて、説明していきたいと思います。

残業時間が多いのに残業代がほとんど払われなくて悩んでいる方は、ここで紹介する内容を参考にしてみてくださいね。

>残業代が出なくて嘆いている公務員へ。転職して時間もお金も余裕を持とう!

公務員の仕事はつまらない!そう思うなら転職しちゃえば?

公務員の仕事はつまらない!そう思うなら転職しちゃえば?就職を考えるとき、安定して人気上位にあがるのが公務員ですよね。

「とりあえず公務員になっちゃえば人生は安泰だー!」

と思っている人は数多くいます。しかし、実際に公務員になって働いている人の中には、これとは違った意見をいう人も。

努力して公務員試験をパスし、見事に採用されたにも関わらず、仕事を「つまらない」と感じている公務員がいるんです。

では、「つまらない」という気持ちはどういった理由でうまれ、そう感じてしまったら今後どう行動すればよいのでしょうか?

>公務員の仕事はつまらない!そう思うなら転職しちゃえば?

公務員から民間への転職を成功させるための志望動機

公務員から民間への転職を成功させるための志望動機「公務員になったけれど、やっぱり民間企業へ転職したい」

公務員として働きながらも、こんな思いを抱いている人は少なくないのではないでしょうか。

しかし、転職となるとなかなか一歩踏み出せないと転職を渋っている人もいるかもしれませんね。

この記事では、公務員から民間企業への転職を成功させるための志望動機を紹介します。

公務員から民間企業へ転職することを考えている人は、参考にしてみてくださいね。

>公務員から民間への転職を成功させるための志望動機

さいごに

以上が公務員から民間企業に転職するときに必要な情報まとめでした。

「公務員の仕事が合わない」という思いがあるのであれば、早めに行動に移したほうが後悔をせずにすみます。

また、「家族がいるから公務員を辞めるわけにはいかない・・・」と思って歯を食いしばっているのであれば、その考えを捨てて広い視野で考えましょう。もし精神が壊れてしまえば、最悪の事態が発生することになります。

そうすると、家族のためを思って耐えてきたはずなのに、その家族を養うことすらできなくなってしまいます。

プロフィール
にゃもにゃも@元公務員ブロガー

理系大学から独学で地方の県職員(行政職)になったけれど、仕事をする中で夢を見つけたため転職した猫が大好きすぎる元公務員「にゃも」です!
現在は上京し、夢のクリエイティブ業界で世界中の人に知られる映画タイトルの3DCGを作ったりしてバリバリ働いています!
このブログでは元公務員という経験を活かして、公務員に関するさまざまな疑問や悩みを解決するための記事を書いています。

公務員になりたい、公務員と結婚したい、公務員だけどお金がほしい、公務員の仕事について知りたい、公務員を辞めたい…

など幅広く公務員のことについて、ときにゆる~くときに真面目に分かりやすくお届けします!

詳しいプロフィールはこちら ⇨ にゃものプロフィールを見る