公務員予備校を徹底比較!元公務員オススメ予備校の料金・口コミ・特徴まとめ

教員が育休を取得するべき理由!育休取得への批判対策も。

働いているけれど子育てもしっかりと行いたいと考えている方の悩みの一つに「育休が取得しやすい環境かどうか」ということが挙げられると思います。

近年では、男女共に育休が取得しやすい環境を整えるようにと言われていますが、現実的に難しいところも多そうです。

「教員の世界では育休は取りやすいの?」と疑問に思っている人もいると思います。そこで今回は、教員の育休についてまとめてみました。

教員をしている方や教員を目指している方は、参考にしてみてくださいね。

教員が育休を取得したほうがいい理由

教員が育休を取得したほうがいい理由

教員の産休・育休は制度がしっかりしている

教員が育休を取得した方がいいのには、二つの理由があります。一つ目は、教員の産休・育休は制度がしっかりしていること。

教員の育休は最大3年です。育休中に二人目を妊娠すると、さらに延長することも可能です。

また、年度の途中で産休・育休に入ったとしても代わりの教員がクラスを受け持ってくれるので、安心して休みに入ることができます。

育休中は手当が出ることはありませんが、自分の子どもと一緒に過ごす時間を十分に取ることができます。

もちろん、3年取らなくても途中で復帰することもできますし、自分のライフスタイルに合わせることもできます。

学校によっては早く現場に戻ってほしいと言われる可能性もありますが、最大限しっかりと休暇を取って復帰している人もたくさんいます。

育休を取るのは権利の一つなので、自分の子どものためにもしっかりと取得することをおすすめします。

育休を取ることは人生経験になる

二つ目は、人生経験になること。教員は自分の人生経験を教材にすることができる職業です。

育休を取って自分の子どもを大切にしている先生の姿は、受け持っている子ども達にもよい影響を与えることでしょう。

また、自分の子どもよりも仕事を優先している姿は、かえって学校の子ども達の教育にも悪いと思います。

子育て経験があれば、それだけ保護者の視点に寄り添うことができるようにもなります。どんなことを自分の子供に望むのか。そして、教員としてどんな教育をすれば子供たちのためになるのか。

そういったことまで考えを広げることができるようになります。

このように、子どもを産んで育てることは教員としてプラスになることが多いので、産休・育休は十分に取っていいのです。

教員の育休取得に心無いことを言う人もいる

教員の育休取得に心無いことを言う人もいる教員は3年という長期間で育休を取得できる職業ですが、それに対して心ないことを言う人もいます。

ここでは、教員の育休取得に対しての心ない発言についていくつか紹介します。

教員の育休取得に対する批判には、次のような内容のものがあります。

  1. 「制度で3年取得できる場合でも、3年も育休を取得するのは非常識」
  2. 「一般企業で育休を3年なんてありえない。公務員は優遇されすぎ」
  3. 「休みすぎて現場に迷惑をかけている」
  4. 「企業と公務員では制度に不公平感がある」
  5. 「税金でお給料をもらっているのに、福利厚生が充実していて公務員はずるい」

一般企業からすると、育休を3年も取得できることはありえないことです。法律上、一般企業は1年までしか取れず、最大でも1年半までしか取れないことになっています。

>公務員の育休は最長3年!元福利厚生担当が語る育休事情

そのため、育休をなかなか取得できずに職場復帰した経験がある人や、自分の職場と比較してひがんでしまう人もいます。

育休取得に対しての考え方は、人それぞれになってくるので自分の考えに沿って取得期間を考えればいいと思います。

もちろん育休が3年取れるのは権利の一つなので、3年丸々育休を取るのもありだと思います。

教員の育休取得に対する批判への対策

教員の育休取得に対する批判への対策

保護者や児童・生徒に対して十分に説明する

教員の育休取得に対する批判への対策は二つあります。一つ目は、保護者や児童・生徒に対して説明を十分に行うこと。

担任の先生が産休・育休を取得して一番困ってしまうのは保護者や児童・生徒です。

年度が変わるタイミングで産休・育休を取得するのならあまり問題はありませんが、年度の途中で休暇に入る場合は、事前に妊娠していることや産休・育休で担任が替わることを説明しておく必要があります。

産休・育休を取得するギリギリまで何の説明もされずに、いきなり担任が替わってしまうと新しい担任に対しても、学校に対しても、育休を取得する自分に対しても不満の目が向けられてしまいます。

育休を取得することができるのは教員の権利ですが、自分の受け持っている学級の児童・生徒、保護者のことまで考慮することは大切ですね。

企業と公務員との制度の違いを理解しておく

二つ目は、企業と公務員との制度の違いを理解しておくこと。

公務員である教員が批判されることが多いのは、一般企業と取得できる休暇などの制度面で違いがあることや、給料が税金であることなどが理由として考えられます。

教員が育休を取得する時は、一般企業よりも産休・育休制度の面で優遇されていることを理解しておくことが大切でしょう。

育休を3年取得できることが当たり前ではなく、ありがたいことだという気持ちを持っていれば批判の目が向けられにくくなります。

もちろん、どのような仕事であっても産休・育休が十分に取れるような社会になることが一番ですが、まだまだ子育てに対して会社側がフォローできるような体制が整っているとは言えません。

教員が育休を取得する際に嫌な顔をされることもあるかもしれませんが、育児はあなたの人生の中でもとても貴重な体験ができる時間ともいえます。

しっかりと仕事をこなして責任を果たしているのであれば、他人のことばかりを考えて自分を犠牲にせず、自分のためにも、子供のためにも育児休業を取得しましょう!

プロフィール
にゃもにゃも@元公務員ブロガー

理系大学から独学で地方の県職員(行政職)になったけれど、仕事をする中で夢を見つけたため転職した猫が大好きすぎる元公務員「にゃも」です!
現在は上京し、夢のクリエイティブ業界で世界中の人に知られる映画タイトルの3DCGを作ったりしてバリバリ働いています!
このブログでは元公務員という経験を活かして、公務員に関するさまざまな疑問や悩みを解決するための記事を書いています。

公務員になりたい、公務員と結婚したい、公務員だけどお金がほしい、公務員の仕事について知りたい、公務員を辞めたい…

など幅広く公務員のことについて、ときにゆる~くときに真面目に分かりやすくお届けします!

詳しいプロフィールはこちら ⇨ にゃものプロフィールを見る