公務員試験に合格できる通信講座を徹底比較!料金・口コミ・特徴まとめ

教員が民間企業に転職する方法!教師には転職に有利なスキルがある

教員として働いていると、生徒が言うことを聞かなかったり部活の顧問を押し付けられて自分の時間が持てなかったりと悩みは尽きませんよね。

すると、もっと自分の時間を持てる仕事がしたくなったり、これまでとは違った経験をしたいと思うようになるのも自然なことです。そのため、

「教員として働いているけれど、民間企業に転職したい」

「教員から民間に転職はできるのかな?」

このように、教員として働きつつも民間企業への転職を考えている人は少なくないと思います。

しかし、仕事をしながら転職活動を始めることに不安を持っている人もいるでしょう。

そこで今回は、教員から民間企業に転職する方法やオススメの転職先などを紹介していきたいと思います。

教員を辞めて民間企業で働くことを考えている人は、転職する際の参考にしてみてくださいね。

教員から民間企業に転職する方法

教員から民間企業に転職する方法教員から民間企業に転職する場合、畑違いの職場に転職することが多いため、どのような転職活動をすればいいのかわかりませんよね。

ここでは、教員から転職する際にどのような流れで転職の準備を進めていけばいいのかを紹介していきます。

教員が民間企業に転職する際は、三つのポイントを押さえて転職準備をすることが大切です。

自分の持っているスキルを確認すること

教員は民間企業と違って特有の世界の中で仕事をしているため、ビジネスマナーが身についていなかったり、パソコンを扱うスキルが乏しかったりすることが多々あります。

このような教員のイメージは転職の際にマイナスになってしまうので、転職前にビジネスマナーについて勉強したり、パソコンがどの程度使えるのかを確かめたりするなどをしておくと転職を有利に進めることができます。

志望動機を明確にしておくこと

志望動機は民間企業へ転職する際に必ず聞かれることです。

「教員を辞めたかったから」「他の仕事をしてみたかった」というような安易な答えでは、採用されることはありません。

教員として働いてきた中で身につけたスキルが転職先でどのように活かすことができるのかをよく考えて、志望動機を話せるようにしておくことが大事です。

教員は児童、生徒、保護者の前で話すことに慣れているので、志望動機をしっかりと考えておくことで、面接で堂々と話すことができますね。

→ 20代で転職したい人におすすめの転職エージェントはこちら

転職エージェントに無料登録しておくこと

教員が転職する際に、転職エージェントを活用することはとても大切です。

転職エージェントを利用すると、教員から民間企業へ転職した人の経験談を見ることができたり、自分に向いている転職先を見つけることができます。

忙しい仕事の合間に転職活動をしなくてはいけないので、転職エージェントを上手に活用することは転職する際のポイントの一つになります。

また、転職エージェントを活用することもメリットは、先ほど紹介した「志望動機を明確にする」というところにもあります。

「教員として働いていたスキルを転職先で活かす」って言われても、何をどう活かせるのはイメージが湧きませんよね。

でもそれは仕方のないことです。教員と民間企業で求められることは違いますし、民間企業と一口に言っても営業から事務仕事までいろいろあります。

そのため、あなたの教員としての経歴がどのように活かせそうかは、転職のプロであるエージェントに相談してみましょう。

そうすれば、転職先が欲しがる人物像や求めれらるスキルについて、「このようにアピールするといいですよ」といったアドバイスをもらうことができますよ。

もし次の転職先を探すのなら、公務員のためのおすすめ転職サイトと転職エージェントの記事がおすすめです。

僕も転職を成功させていますので、お力になれるかと思います。

おすすめの転職サイト・転職エージェント!両者の違いも説明します
公務員のためのおすすめ転職サイトと転職エージェント!いざ転職しようと思っても、分からないことが多くて困ってしまいますよね。 僕も公務員から転職するときは悩みましたが、転職サイトと転職...

民間企業で活かせる教員の経験とは

民間企業で活かせる教員の経験とはここでも、一般的に教員が民間企業に転職した際に活かせる経験について紹介していきます。具体的には三つあります。

教育に対する知識が豊富でわかりやすい授業ができる

一つ目は、教育に対する知識が豊富で、わかりやすい授業ができること。教育分野に関する経験は、教員の一番のスキルですね。

民間企業に転職する場合でも、この経験は十分に活かすことができます。

特に、学習塾や予備校などを転職先に考えている場合は、これまでの授業の経験や授業づくりのスキルを大いに活かすことができます。

自分の持っている教育経験を思う存分に発揮したいと考えている人は、教育経験を活かすことができる職場を転職先に選ぶことをおすすめします。

コミュニケーション能力が高い

二つ目は、コミュニケーション能力が高いこと。教員は関わっている児童、生徒とだけでなく保護者とも密にコミュニケーションを取る必要のある職業です。

そのため、様々な年齢層に応じた対応の仕方を知っており、コミュニケーション能力も高いです。

営業職や販売職などに転職する場合は、このコミュニケーション能力を活かすことができます。

人と接することや話すことに対してノウハウを持っている教員なら、民間企業でも十分にやっていけるでしょう。

→ 30代の教員が転職する方法はこちら

 

事務作業の経験

三つ目は、事務作業をたくさんこなしていること。教員は授業をするだけではなく、様々な事務仕事もこなしています。

そのため、民間企業の事務職に転職するような場合には、資料作成や電話対応などの事務仕事の経験を活かすことができるでしょう。

教員は民間企業に転職しにくいと言われていますが、それは民間企業から見てみると教員の世界がどんなものか分からない不安から来ているともいえます。

上記のように、教員として働いた経験は決してムダにはなりませんし、人間的に魅力的でないとそもそも教員にはなれませんよね。

つまり、どの業界へ行ってもあなたという人間性と、教員として働いてきたスキルを活かすことは十分に可能なのです。

教員のスキルは民間企業で活かすことができるものが多いので、自信をもって転職活動をしてくださいね。

→ 女性教員が転職する方法!就職を成功させるためのポイント教えます

教員におすすめの転職先

教員におすすめの転職先ここでは、教員におすすめの転職先を二つ紹介します。

一つ目は、学習塾や予備校です。

学習塾や予備校の講師に転職すると、これまでの教育経験が十分に活かすことができるのがメリットです。

職場によって個別指導をしたり、集団講義を行ったりと授業形態は様々ですが、教員として働いてきたスキルや経験がそのまま発揮できます。

教員は辞めたいけれど、子どもと関わったり、授業をしたりしたいと思っている人には、学習塾や予備校を転職先に選ぶことをおすすめします。

二つ目は、一般事務や営業事務です。

膨大な量の事務作業を経験している教員なら、企業で事務職としても十分に働くことが可能です。

パソコンを扱うことが苦手ではなく、コツコツとした事務作業を仕事としたいと思っている人には、事務職がおすすめです。

また、ここで紹介した以外のおすすめ転職先は以下の記事でも紹介しています。

>教員(教師・先生)のおすすめ転職先4選!転職は悪いことじゃない。

もし次の転職先を探すのなら、公務員のためのおすすめ転職サイトと転職エージェントの記事がおすすめです。

僕も転職を成功させていますので、お力になれるかと思います。

おすすめの転職サイト・転職エージェント!両者の違いも説明します
公務員のためのおすすめ転職サイトと転職エージェント!いざ転職しようと思っても、分からないことが多くて困ってしまいますよね。 僕も公務員から転職するときは悩みましたが、転職サイトと転職...
プロフィール
にゃもにゃも@元公務員ブロガー

理系大学から独学で県職員(行政職)になったけれど、途中で夢を見つけたため転職した元公務員の「にゃも」です!

【経験・特技】

  • 行政→映像制作への転職経験あり。人生1度も面接に落ちたことはありません。
  • 3DCG、フォトショップなどを使った映像制作が本業。
  • 株、FX、先物取引経験あり。

【好きなこと】

  • 未知への挑戦
  • 財テク
  • 読書(月30冊以上!)
  • 旅行(30歳で初の海外旅行。見事にハマりました 笑)
  • ヨガ
  • 猫が大好き。癒やされる…

口ぐせは「にゃもーん」(都合の悪いことを言われて、知らんぷりするときに使う)

現在は世界中で公開される映画タイトルの3DCGを作ってます。

このブログでは元公務員という経験を活かして、公務員のことをときにゆる~くときに真面目に分かりやすくお届けします!

詳しいプロフィールはこちら ⇨ にゃものプロフィールを見る