公務員試験に合格できる通信講座を徹底比較!料金・口コミ・特徴まとめ

女性教員が転職する方法!就職を成功させるためのポイント教えます

女性教員が結婚や出産を機に転職をしたいと考えることは多いことでしょう。

もし子供がいる場合、子育てをしながら教員を続けることももちろんできますが、残業が多かったり持ち帰りの仕事があったりして、仕事との両立が難しいと感じることもありますよね。

ここでは、そんな女性教員が転職したいと思ったときに、転職を成功させるポイントを紹介していきたいと思います。

教員から転職することは難しいと諦めかけている女性教員の方は、この記事を参考に行動してみてくださいね。

女性教員が転職する方法とは

女性教員が転職する方法とは女性教員に限らず、転職を考える教員は仕事をしながら、転職の準備をする必要があります。

転職する場合の準備は三つあります。

志望動機を明確にする

一つ目は、志望動機を明確にしておくことです。

教員を辞めて一般企業に就職する場合、「どうして転職を希望したのか」「この会社を選んだ理由は何なのか」という志望動機を聞かれることはほぼ100%です。

面接で明確な志望動機が答えられないと、採用されることは難しいでしょう。

「時短勤務ができる職場を探していた」「自分の経験を活かせると思った」など志望動機は様々だと思います。

近年は女性の働く環境を整えることに熱心な企業も増えてきています。もし子供が小さいため時短勤務を望むのであれば、企業の面接時に遠慮なくその旨を申し出てみましょう。

遠慮して言わないままでいて、採用されてから「実は・・・」と本当のことを打ち明けられても企業側も困ってしまいます。

そのためヘンに遠慮するより、あらかじめ事情を話しておくほうが柔軟に対応してくれる可能性が高くなるのでオススメです。

また、自分の経験を活かせると思ったと話す場合は、採用された後に、自分のスキルがどのように活かすことができるのかをアピールできるような志望動機を考えておくことが大切です。

→ 志望動機なら無料で転職エージェントに相談してみましょう

おすすめの転職サイト・転職エージェント!両者の違いも説明します
公務員のためのおすすめ転職サイトと転職エージェント!いざ転職しようと思っても、分からないことが多くて困ってしまいますよね。 僕も公務員から転職するときは悩みましたが、転職サイトと転職...

女性であることが不利にならない職場を探す

二つ目は、女性であることが不利にならない職場を探すことです。

教員は公務員なので、女性だからといって男性と理不尽な待遇差を受けることはほとんどなかったと思います。たとえば給料は男女で均等ですよね。

しかし、一般企業はまだまだ男性社会であることが多いため、女性であることが不利に働くことも少なからずあります。

たとえば給料面で男性のほうが有利な条件になっている場合があったりもします。女性が社会で活躍することを全面的に押し出している企業であれば、同等の条件であることが期待できるでしょう。

転職先に企業に求めるポイントを押さえておく

三つ目は、転職先に企業に求めるポイントを押さえておくことです。

教員として働いていると残業の量を決めることができなかったり、子どもの体調に合わせて休みにくかったりしますよね。

しかし、企業の中には「残業が少なめ」「時短勤務OK」「急な休みにも対応してくれる」というように子育てしている女性が働きやすいような環境を整えているところも多くなってきました。

自分がどのような内容を転職先に求めているのかをはっきりさせておくと、転職先を探しやすくなると思いますよ。

教員の世界の常識は通用しない?

教員の世界の常識は通用しない?教員から一般企業に転職することを考えている方は、教員の世界の常識は通用しないことを頭に入れておくことがとても重要です。

「教員の常識は社会の非常識」と言われているように、教員の世界はとても特有です。そのため、教員として働いていた時の当たり前が当たり前ではなくなってしまいます。

いくつかの例を挙げて、転職した際の対処方法を紹介しますね。

勤務時間が曖昧

一つ目は、勤務時間が曖昧になっていることです。

教員の仕事量が多いことは事実ですが、残業することが良いことのように考えられていることもありますよね。

しかし、企業に就職すると効率よく仕事をして、無駄な残業は減らすことが大切だと考えられています。

そのため、企業に転職した場合は仕事がスムーズにこなせるように、見通しをもって仕事を行ったり、効率よく働くようにしたりすることが重要です。

ICT環境が遅れている

二つ目は、IT環境が遅れていることです。

学校現場は一般企業に比べてITの環境がかなり遅れています。そのため、パソコンスキルが低かったり、使っているソフトが独特だったりします。

学校では文書作成ソフトとして「一太郎」を使っていることがありますが、今や一太郎を使っている企業はどこにもありません。

学校現場と一般企業のIT環境の差を頭に入れるだけでなく、パソコンスキルが乏しいと感じる場合は業務に支障の出ない程度のパソコンスキルを身につけることをおすすめします。

→ 実は、僕がおすすめしているのはプログラミング。公務員がプログラミングをするべき理由はこちら

締め切りに疎い

三つ目は、締め切りに疎いことです。

教員は締め切り日を提示されても、守らない・守れないということを前提にされていることが多いです。しかし、企業でそれは通用しません。

締め切り厳守は社会人の常識ともいえますが、独特の時間の流れの中に身をおいていると感覚がズレてしまうことが多くなります。

締め切り日をきっちりと守れないと仕事に支障を来たすだけでなく、取引先などにも多大な迷惑をかけてしまいます。

ただ、教員は通知表やテストの採点などの仕事をしている場合、締め切り厳守の考え方は強く身についています。

その結果、その他の期日が遅くなってしまったこともあるのではないでしょうか。しかしそれは、仕事の優先順位をうまくつけれた証でもあります。

仮に締め切りに間に合わない仕事があったとしても、第一にすべきはコレ。その次はコレ。といったように、優先順位を判断できることはとても大きな強みになります。

頑張った結果どうしようもないものは、どうしようもありません。その場合は、事情を説明し納得してもらえばいいだけです。

責任感をもって取り組めば、どの職場に転職してもやっていけますので安心してください。

→ 教員(教師・先生)のおすすめ転職先はこちらの記事へどうぞ

女性教員が転職に成功するためのポイント

女性教員が転職に成功するためのポイント女性教員が転職に成功するためにポイントは二つあります。

女性教員だったというスキルが活かせる職場を選ぶ

一つ目は、女性教員だったというスキルが活かせる職場を選ぶことです。

人事採用の現場で性別は関係ないと言われていますが、選ぶ職種によっては女性ならではの繊細な心遣いや気配りがであることが有利に働くこともあります。

他にも細かい作業は男性は苦手な人が多かったりします。そのため、手先を使った作業が得意な女性であれば、こうした仕事では活躍することが可能です。

自分の希望する職種もあると思いますが、女性教員だったスキルが活かせる職場を探してみるのもいいかもしれませんね。

転職エージェントを上手に活用する

二つ目は、転職エージェントを上手に活用することです。

転職エージェントでは、自分に合った転職先を紹介してくれたり、転職活動をサポートしてくれたりするようなサービスを提供しています。

教員から転職する場合はわからないことばかりだと思うので、転職エージェントを上手に活用することは、転職を成功させるためにとても重要なポイントになります。

もし次の転職先を探すのなら、公務員のためのおすすめ転職サイトと転職エージェントの記事がおすすめです。

僕も転職を成功させていますので、お力になれるかと思います。

おすすめの転職サイト・転職エージェント!両者の違いも説明します
公務員のためのおすすめ転職サイトと転職エージェント!いざ転職しようと思っても、分からないことが多くて困ってしまいますよね。 僕も公務員から転職するときは悩みましたが、転職サイトと転職...
プロフィール
にゃもにゃも@元公務員ブロガー

理系大学から独学で県職員(行政職)になったけれど、途中で夢を見つけたため転職した元公務員の「にゃも」です!

【経験・特技】

  • 行政→映像制作への転職経験あり。人生1度も面接に落ちたことはありません。
  • 3DCG、フォトショップなどを使った映像制作が本業。
  • 株、FX、先物取引経験あり。

【好きなこと】

  • 未知への挑戦
  • 財テク
  • 読書(月30冊以上!)
  • 旅行(30歳で初の海外旅行。見事にハマりました 笑)
  • ヨガ
  • 猫が大好き。癒やされる…

口ぐせは「にゃもーん」(都合の悪いことを言われて、知らんぷりするときに使う)

現在は世界中で公開される映画タイトルの3DCGを作ってます。

このブログでは元公務員という経験を活かして、公務員のことをときにゆる~くときに真面目に分かりやすくお届けします!

詳しいプロフィールはこちら ⇨ にゃものプロフィールを見る