公務員試験に合格できる通信講座を徹底比較!料金・口コミ・特徴まとめ

【無料】本を読めない人におすすめ!オーディオブックで本を聴く!

皆さん、読書していますか?

いきなりですが、僕は1日1冊以上のペースで本を読むことができています。

もちろん仕事をしているためそれ以外の時間を使うことになるのですが、一体どうしてこんなにたくさんの本を読むことができると思いますか?

  • とんでもないスピードの速読マスターしている
  • ただページをめくるだけで頭に全く残っていない

このように考える人もいるかもしれませんが、そのいずれも違います。

答えは、本を『聴いて』いるのです。

本を聴くってどういうこと?とあなたも疑問に思うことでしょう。これは、読み聞かせだったり朗読をイメージしてもらうと分かりやすいかもしれませんね。

この記事では、本を読むのではなく聴く方法について紹介していきたいと思います。

このテクニックを使えば、本を読むのが苦手な人や、本を読む時間がない受験生、社会人や主婦の方でも気軽に本を楽しむことができるようになりますよ。

読書の量が増えることで人間としての心の豊かさが育まれますしなにより知識が増える自分の人生がより良いものになります。

今回紹介する方法で、あなたも読書量を劇的にアップさせましょう。

オーディオブックを使って読書量アップ!

オーディオブックを使って読書量アップ!早速ですが、僕がどんな方法で読書量を増やしたかご紹介します。それは、オーディオブックを使うことです。

オーディオブックはプロのナレーターや声優の方が本を朗読したものをデータ化しており、そのデータをダウンロードすることでスマートフォンやパソコンなどで本を『聴く』ことができるようになります。

オーディオブックのいいところは、なんといってもプロが朗読してくれていること。そのためとても聴きやすい仕上がりになっています。

僕の場合、会社の通勤時間や家で家事をしている最中、何か作業をしている最中に本を聞いています。そうすることで1日あたり一冊以上のペースで本を読むことが可能になるのです。

こうすることで、僕の読書量はオーディオブックを使い始める前に比べて爆発的に増加しました。

これまでは1ヶ月で1冊読めればいいほうでしたが、今では1ヶ月に30冊は本を読んでいます。

読書ペースは人によると思いますが、たとえば通勤時間が往復で2時間かかっている人は、この時間を全て読書にあてることができます。 そうすれば僕のように読書量は劇的に増加するでしょう。

また、学生であれば学校への往復時間やバイト先への移動時間にオーディオブックを使うことで、気になっていた本を読んだりすることも可能です。

オーディオブックで読める本

オーディオブックで読める本オーディオブックで読める本2この画像を見て、あなたも驚いたかと思います。オーディオブックには読み放題プランというものがあり、読み放題対象となっている本についてはどれだけ読んでも定額料金のみでOKなのです。

ちなみに定額読み放題プランの定額料金は月額750円なのですが、初めての方は今なら30日間無料キャンペーンを実施しています。

オーディオブックというサービスがまだ新しいだけあって、多くの人に利用してもらうために無料プランを実施しているのですね。

ただ、この無料サービスもいつまで続くかはわかりません。なぜならオーディオブックがどんどん普及していって会員を集める必要がなくなれば、無料サービスを実施する必要はなくなりますからね。

そのためお試しで一度オーディオブックを利用してみることをお勧めします。

そして、使ってみた感触が良ければ継続して利用すればいいと思います。なんといっても月額750円というのは本の価格一冊分よりも安いくらいの低価格ですからね。

一冊でも読めれば簡単に元は取れてしまいます。

僕の場合は月に30冊以上読んでいるので、一冊あたりわずか25円ということになりますね(笑)

オーディオブックの利用者の声

本を聴くと記憶に残りやすい

ここに書いてある口コミは、僕も全く同意見です。

古本屋に行ったりする時間ももったいないですし、Amazonなどで注文しても本が届くまでにタイムラグがあって嫌だったりしますよね。

しかしオーディオブックならダウンロードすればすぐに読むことができますし、数多くのタイトルの中から好きなものを選ぶことが可能です。

オーディオブックで読める本はどんどん増えていっています。そのため、「気になっていたけど読めていなかった」という本もたくさん見つかると思います。

ぜひ無料でオーディオブックを試せるこの機会に本を聞くという感覚を体験してみてはいかがでしょうか。

スキマ時間に読書できる

スキマ時間に読書できるオーディオブックの利用シーンとしては通勤時間などの移動時間の他にも、ドライブしていたり運動している時にも活用することができます。

こうなるとあらゆる隙間時間に本を読むことができるようになるので、飛躍的に読書量が増加するというわけですね。

紙の本だと通勤時間中に読むのは大変ですが、データであればイヤホンを使うだけで快適に読書することができます。

また、これまでは歩行中、運動中、車の運転中に本を読むなんて考えられませんでしたが、オーディオブックを使えばいつでもどこでも読書することができます。まさに革命的な技術が生まれたといえるでしょう。

本を聴くと記憶に残りやすい

そして本を聞くというメリットは他にもあります。それは、頭に残りやすいということです。

あなたもこれまで読書をしてきて、何百ページという分厚い本を頑張って読破したのはいいけれど、結局何が言いたかったのかわからなかったり何が書いてあったか記憶に残らなかったなんてことはありませんか?

実は僕もそのタイプで、本当の意味で本をしっかり読めていなかったんですね。書いてあることが頭に残らないような読書は全く意味がありません。時間の無駄です。

しかし、オーディオブックを使うことでしっかり頭の中に内容が残るようになりました。

なぜなら、人間は文字を読むよりも人の話を聞いていた方が記憶に残りやすいからです。

たとえば学校の勉強では、一人で教科書の文字を追っている時は苦痛でも、先生や友達から話の内容を聞いたりするときはその内容が頭に残っていたりしませんか?

それに、普段の生活でも人と話した内容は頭に残っているものではありませんか?それを本にも応用することができます。

つまり、本を耳で聴くことで、活字で読むよりも内容がイメージしやすく頭に残りやすいというメリットがあります。

これらの相乗効果により、読書がもっと楽しくなり飛躍的に読書量が増えるという良いスパイラルが出来上がります。

この感覚は、オーディオブックを聞いたことがある人でないと体感することができないと思います。

そこで、この記事を読んでくれたあなたには、ぜひこの感覚を味わってほしいと思います。そしてオーディオブックの素晴らしさを多くの人に教えてあげてください。

日本人は読書量が昔に比べ劇的に減っています。これは、ダラダラとテレビを見たりネットサーフィンをしたりする時間が多くなり、活字に触れる時間が減っていることが主な原因と言われています。

僕は、耳で本を聞くということが、活字離れを改善することができるとても大きな力を持っているのではないかと期待しています。

現に僕は1ヶ月に30冊以上の本を読破できるようになったという実感もあるため、このブログで紹介したいと思いました。もちろん知人にも機会がある度本を聞くことをお勧めしています。

あなたも、『本を聴く』という世界を体験してみませんか?

プロフィール
にゃもにゃも@元公務員ブロガー

理系大学から独学で県職員(行政職)になったけれど、途中で夢を見つけたため転職した元公務員の「にゃも」です!

【経験・特技】

  • 行政→映像制作への転職経験あり。人生1度も面接に落ちたことはありません。
  • 3DCG、フォトショップなどを使った映像制作が本業。
  • 株、FX、先物取引経験あり。

【好きなこと】

  • 未知への挑戦
  • 財テク
  • 読書(月30冊以上!)
  • 旅行(30歳で初の海外旅行。見事にハマりました 笑)
  • ヨガ
  • 猫が大好き。癒やされる…

口ぐせは「にゃもーん」(都合の悪いことを言われて、知らんぷりするときに使う)

現在は世界中で公開される映画タイトルの3DCGを作ってます。

このブログでは元公務員という経験を活かして、公務員のことをときにゆる~くときに真面目に分かりやすくお届けします!

詳しいプロフィールはこちら ⇨ にゃものプロフィールを見る