公務員試験に合格できる通信講座を徹底比較!料金・口コミ・特徴まとめ

小学校教員の転職先の見つけ方!教師を辞めたい人にオススメの方法

「小学校の教員をしているけれど、仕事の負担やストレスが多くて他の仕事に転職したい」
「小学校の教員はハード過ぎて、自分の時間をなかなか取ることができない」

このように感じてしまい、教員として働くことに嫌気がさしてしまっていませんか?

ここでは、同じような境遇の先生の体験談を紹介し、そのような方の転職先の見つけ方について紹介していきます。小学校教員を辞めて他の仕事に転職したいと思っている方は、この記事を参考にしてみてくださいね。

そして、特に25~35歳の離職率は高いです。教員の離職率(25~35歳)が高い理由。こんな人は転職するべき!の記事ではその理由について詳しく説明していますので、ぜひ読んでみてください。

小学校の先生を辞めたい理由

小学校の先生を辞めたい理由小学校の教員が仕事を辞めたいと思う理由は様々ですが、ここでは二つの体験談を紹介したいと思います。

一つ目は、プライベートの時間を取ることができないことに関する体験談です。

教員の仕事は、子ども達の成長を見ることができてとてもやりがいを感じていました。しかし、実際の仕事内容はとてもハードで教員になる前に考えていた以上の仕事が待ち受けていました。

僕は学校の仕事で課外クラブを担当していましたが、課外クラブの活動は授業後なので、就業時間を過ぎても指導をしなくてはいけないことも多々ありました。

課外クラブが終わってからも、クラスの子ども達のテストや宿題のチェックや授業の準備、書類作成などたくさんの仕事をこなさなくてはいけません。

時には土日に課外クラブがあることもあって、休日も休まることがありませんでした。

帰宅してからも仕事をすることも多かったので、プライベートの時間を作ることはとても難しかったので、教員を辞めて他の仕事に就きたいと思うようになりました。

二つ目は、ストレスが多いことに関する体験談です。

教員は子ども達に授業をするだけでなく、子ども達同士のトラブルの仲介をしたり、保護者と連絡を取り合ったりする必要がある仕事です。

子どもや保護者との関係がうまく行っているときはいいのですが、一旦こじれてしまうととてもストレスを感じるようになります。

また、時にはモンスターペアレントにも上手に対応しなくてはいけないこともあるため、それが負担になってしまうことも多いです。

それだけでなく、山のように学級業務や構内業務があるため、心が安まるときがありませんでした。

どの仕事であってもストレスを抱えることはあると思いますが、教員の仕事をしていて僕はストレスを過度に感じてしまったので、仕事を辞めたいと思うようになりました。

保護者からのクレームについては、「育休取得への批判対策」を併せてご覧ください。

以上の体験談のように、職場での拘束時間が長かったり、人間関係が悩みの種となって次第に教員という仕事が嫌になっていくことがとても多いです。

先生も一人の人間。ゆとりのある生活を送ることができなければ、人間として充実した毎日を送れるはずはありませんよね。

しかし、そんな苦しい状況を変える方法はあります。それは転職をしてしまうことです。今の職場環境に問題があるのであれば、その場から離れてしまえばいいのです。

これを無責任だと感じる必要はありません。なぜなら、あなたはこれまでずっと頑張ってきたはずだからです。

見えないところで努力して、生徒や保護者のために自分の時間を犠牲にしてきたのではないでしょうか。

そうであるなら、今の仕事には十分責任を果たしてきたと胸を張って言うことができるはずです。

→ おすすめの転職エージェントの記事はこちら

小学校教員の転職先の見つけ方

小学校教員の転職先の見つけ方しかし、環境を変えるためには転職先を見つけなくてはいけませんよね。以下で、転職先の見つけ方について紹介します。

小学校教員が転職先を見つける方法は二つあります。一つ目は、小学校教員の経験を活かせる場所を探すことです。

教員の経験というのは授業力や指導力のことです。そしてこの経験を活かせる場所は、塾や予備校などの講師です。

他にも、教育関係の仕事であれば、小学校教員だった経験が評価されることが多いですね。

教員だった経験を他の職場で活かしたいと考えている方は、教育関係の仕事を探してみるのもいいと思いますよ。

二つ目は、転職エージェントを活用することです。教員として働いている人の多くは、学生時代に就職活動をした経験がほとんどありません。

そのため、異業種に転職する時に転職活動のやり方が分からないことが多く不安に感じていると思います。

そのような時に転職エージェントを活用することで、安心して転職活動に取り組むことができ、スムーズに転職活動を進めることができるようになります。

→ おすすめの転職エージェントの記事はこちら

そして、もしあなたが女性であれば、女性教員が転職する方法!就職を成功させるためのポイントの記事を読んでおくことをオススメします。

小学校教員の転職先の見つけ方!教師を辞めたい人にオススメの方法
女性教員が転職する方法!就職を成功させるためのポイント教えます女性教員が結婚や出産を機に転職をしたいと考えることは多いことでしょう。 もし子供がいる場合、子育てをしながら教員を続けることももち...

転職エージェントをオススメする理由

転職エージェントをオススメする理由教員から異業種に転職する際に転職エージェントをオススメする理由は、サポート体制がしっかりしているからです。

転職エージェントでは、「自分に合った企業探し」「履歴書などの書類の書き方」「自己PRの添削」「面接対策」など様々な内容についてサポートしてくれます。

そのため、就職活動をしたことがない小学校教員であっても、転職活動を行いやすくなります。

民間企業に転職を考えている場合は、自分のスキルなどをしっかりとアピールすることがとても重要になるため、転職エージェントを利用することで転職を成功させやすくなります。

小学校の教員から民間企業に転職したいけれど、「転職活動の方法がわからない」「自分に合った転職先を見つけたい」と思っている方は、転職エージェントに無料登録することをオススメします。

一言で転職エージェントといっても、様々な種類の転職エージェントがあるため、教員向けの転職エージェントを探してみるのもいいと思います。

小学校の教員をしていても転職することは不可能ではないので、転職活動の第一歩として転職エージェントを活用するのもいいでしょう。

もし次の転職先を探すのなら、公務員のためのおすすめ転職サイトと転職エージェントの記事がおすすめです。

僕も転職を成功させていますので、お力になれるかと思います。

おすすめの転職サイト・転職エージェント!両者の違いも説明します
公務員のためのおすすめ転職サイトと転職エージェント!いざ転職しようと思っても、分からないことが多くて困ってしまいますよね。 僕も公務員から転職するときは悩みましたが、転職サイトと転職...
プロフィール
にゃもにゃも@元公務員ブロガー

理系大学から独学で県職員(行政職)になったけれど、途中で夢を見つけたため転職した元公務員の「にゃも」です!

【経験・特技】

  • 行政→映像制作への転職経験あり。人生1度も面接に落ちたことはありません。
  • 3DCG、フォトショップなどを使った映像制作が本業。
  • 株、FX、先物取引経験あり。

【好きなこと】

  • 未知への挑戦
  • 財テク
  • 読書(月30冊以上!)
  • 旅行(30歳で初の海外旅行。見事にハマりました 笑)
  • ヨガ
  • 猫が大好き。癒やされる…

口ぐせは「にゃもーん」(都合の悪いことを言われて、知らんぷりするときに使う)

現在は世界中で公開される映画タイトルの3DCGを作ってます。

このブログでは元公務員という経験を活かして、公務員のことをときにゆる~くときに真面目に分かりやすくお届けします!

詳しいプロフィールはこちら ⇨ にゃものプロフィールを見る