公務員予備校を徹底比較!元公務員オススメ予備校の料金・口コミ・特徴まとめ

教員から転職して後悔した体験談!転職してから後悔しないためには?

「教員から転職したけれど、転職しないほうがよかった」
「転職しないで教員を続けていればよかった」

このように、教員から転職をしても転職は失敗だったと感じる人もいます。

教員から転職することはとても勇気のいることだと思いますが、失敗したり後悔したりしたくはありませんよね。

ここでは、教員から転職して失敗した体験談や、転職してから後悔しないためにどうしたらいいのかを紹介していきます。

教員から転職することを考えている方は、転職で後悔しないために今回の記事を参考にしてみてくださいね。

教員から転職して後悔した体験談

教員から転職して後悔した体験談

教員から転職をして後悔する理由はいくつかあります。ここでは、教員から転職したけれど転職しなければよかったと後悔した体験談を二つ紹介したいと思います。

一つ目は、年収が下がってしまったことについてです。

 

教員は公務員であるため収入面は安定していることがメリットなのは、みなさんもよく分かっているはずです。

しかし、収入面のメリットはあるものの、仕事量が多くて時間外労働が多かったり、精神的にストレスを抱えてしまうことが多い職場なのが玉にキズですね。

僕は仕事量が多すぎてプライベートの時間を取ることができず、体も心も休まらない日々が続いたことで精神的に疲れてしまうようになりました。

そのため、業務内容も難しくなく、プライベートの時間も取ることができる民間企業へ転職しました。

転職して確かに自分の時間を作ることができるようになりましたが、収入はガクッと減ってしまいました。

また、業績が悪化するとボーナスが減ってしまったり、もらえなかったりすることもあるため、収入面では転職しない方がよかったと後悔しています。

二つ目は、ノルマに追われることに関する体験談です。

 

教員は公務員なので利益を追求してノルマが課せられることはありません。

しかし、企業は違います。会社の利益のために営業ノルマなど、様々なノルマが課せられます。

転職してすぐの時はノルマを達成しようと一生懸命働くことができましたが、勤務年数を重ねていくとノルマがとても負担に感じるようになってしまいました。

転職する際に「営業職は数字に追われることが多いから大変だ」と聞いてはいましたが、こんなにも精神的に辛いとは思ってもみませんでした。

教員をしている頃から人と話すことが好きだったため、営業職は向いていると思いましたが、ノルマに追われるくらいなら事務職などに転職すれば良かったと後悔しています。

転職する前にもっと色々な職種について調べておけばよかったです。

 

教員から転職してから後悔しないためには?

教員から転職してから後悔しないためには?教員から転職して後悔してしまうこともあるようですが、できる限り後悔したくないと思うものですよね。

ここでは、先に紹介した「収入が減る」「ノルマが負担になる」というような後悔をしないための解決方法を紹介したいと思います。

まずは、収入面についてです。収入面には、転職活動をしている際に求人情報でしっかりと確認することが大切です。求人情報にはそれぞれの仕事の給与が提示されています。

実際に手にする給与とは異なることがありますが、十分参考にすることは可能です。また、教員としてもらっている給与よりも給与がアップすることは期待しない方がいいでしょう。

教員の給与は民間企業よりも高いことが多いため、転職をすると収入が減ってしまう可能性が高いです。

もちろん、転職して昇格すれば収入を増やすことはできるので、出世をしたい人は転職してから会社に貢献できるように働きましょう。

そして、転職エージェントを活用すれば年収を高くできる可能性がアップします。なぜなら、転職エージェントはあなたを新たに雇う企業が決めた年収に応じて報酬がアップするからです。

そのため、あなたの年収を上げるために努力して動いてくれるというわけです。そして、企業から報酬を得ているため、僕たち転職希望者の利用料は0円ですむんですね。

これが初めての転職なら、転職未経験者に親身になってサポートしてくれるリクルートエージェントがおすすめです。

次に、ノルマについてです。企業に勤めてノルマが課せられることが多いのは、営業職です。営業職は会社の利益に一番繋がる仕事であるため、営業ノルマが課せられることが多いです。

「ノルマに追われながら仕事をするのは負担に感じてしまう」と思っている人は、ノルマのない事務職などに転職することをおすすめします。

転職前にノルマのないような仕事内容の求人を選ぶと、ノルマがあって辛いというような後悔はしなくて済みますね。

悩んでいるのなら相談するべき

悩んでいるのなら転職するべき小学校の教員として働いている人の中には、「仕事を辞めたい」「転職するのをどうしよう」と悩んでいる人もいると思います。

教員を辞めたいと思う理由は色々あると思いますが、ストレスを抱えながら教員として働くよりも、思い切って新しい環境で働きはじめるのもいいと思います。

転職するには勇気もいりますが、教員から民間企業に転職して良かったと感じている人もたくさんいます。

僕も公務員から転職しましたが、自分のやりたいことを仕事にできておりとても満足しています。

そして転職することでストレスが軽減されたり、プライベートに時間を確保できたりするようなメリットもあります。

何年も仕事を続けるかどうか悩んでいる場合には、教員に見切りを付けて転職することをおすすめします。

転職した方がいいのかもと感じているなら、それが転職をするタイミングだと思います。

無理して教員を続けなくても教員以外の仕事はたくさんあるので、教員以外にも自分に合った仕事をあなたも見つけられると思いますよ。

中段でも紹介しましたが、あなたにとって初めての転職なら、転職未経験者に親身になってサポートしてくれるリクルートエージェントがおすすめです。

なかなか家族や友人には話せない仕事のことを、相談する気持ちで話してみてはいかがでしょうか。悩みを抱えたままでいると、メンタル的にも良くありません。すると、仕事や家庭、恋人との関係にまで悪影響が出てしまうかもしれませんよ。

悩みを相談することで自分の中でモヤモヤしていた悩みが解決し、もしかすると転職をしなくてもよくなるかもしれませんよ。

もちろん、現状を変えたいのであれば積極的に転職の意思を伝えると話がスムーズに進みます。いずれにせよ、あなたの心がすっきりすることに間違いはありませんので、職場に関するプロである転職エージェントに相談してみるのをおすすめします。

【無料】リクルートエージェントで相談する

プロフィール
にゃもにゃも@元公務員ブロガー

理系大学から独学で地方の県職員(行政職)になったけれど、仕事をする中で夢を見つけたため転職した猫が大好きすぎる元公務員「にゃも」です!
現在は上京し、夢のクリエイティブ業界で世界中の人に知られる映画タイトルの3DCGを作ったりしてバリバリ働いています!
このブログでは元公務員という経験を活かして、公務員に関するさまざまな疑問や悩みを解決するための記事を書いています。

公務員になりたい、公務員と結婚したい、公務員だけどお金がほしい、公務員の仕事について知りたい、公務員を辞めたい…

など幅広く公務員のことについて、ときにゆる~くときに真面目に分かりやすくお届けします!

詳しいプロフィールはこちら ⇨ にゃものプロフィールを見る