公務員予備校を徹底比較!元公務員オススメ予備校の料金・口コミ・特徴まとめ

教師から転職できる年齢は?30代で民間企業に転職する方法

「教師として経験を積んできたけれど、民間企業に転職を考えている」

教師採用試験に合格してから何年間も教師を続けて、経験を積んできていても教師の仕事内容や精神的な負担から民間企業への転職を考えている人も少なくないでしょう。

しかし、民間企業に転職するにあたって自分の年齢が転職するのに厳しいのではないかと不安になることもあると思います。

実際、30代になると転職が厳しくなるというのはよく聞く話です。

ここでは、教師から民間企業に転職する場合において転職できる年齢や30代で転職する方法などについて紹介していきたいと思います。

教師が民間企業に転職できる年齢は?

教師が民間企業に転職できる年齢は?教師が民間企業に転職する際に気をつけなくてはいけないのが「年齢」です。一般的に20代前半の場合は、企業側は第二新卒として扱っているため、転職しにくいということはありません。

一方、30代で教師から民間企業への転職を考えている場合は、20代に比べて転職しにくいと考えておいた方が良いでしょう。

30代であっても転職ができない訳ではありませんが、未経験の分野を転職先に考えている場合は採用されにくくなることがあります。

民間企業であっても職場によって仕事内容は様々であるため、自分の身につけている仕事についてのスキルやノウハウはその職場でしか活かせないことが多々あります。

特に教師は民間企業の仕事よりも独特なので、民間企業に適応できるようなスキルやノウハウがないと見なされることがあるため、転職が難しくなります。

ただし、民間企業といっても教育関連の仕事をしているところや学習塾などの講師など、教師の経験が活かせるようなところであれば、30代であっても民間企業に転職できる可能性は高いです。

40代になってくると転職自体が難しくなってくるので、転職を考えている方は30代までに転職することをおすすめします。

30代教師が民間企業への転職で求められるもの

30代教師が民間企業への転職で求められるもの30代の教師が民間企業へ転職する場合に、企業側から求められるスキルは三つあります。

一つ目は、ITリテラシーについて。教師は民間企業に比べてITリテラシーが乏しいことが多いです。そのため、コンピューターを扱うスキルが低かったり、Office関連やメール、クラウドサービスなどを使えなかったり抵抗を感じてるようであれば、仕事ができないとみなされてしまいます。

教師から民間企業へ転職する場合は、自分のパソコンスキルを確認して、民間企業でも通用するようにスキルアップさせておく必要があります。

二つ目は、利益追求ができるかどうか。教師は公務員であるため、売り上げなどの利益を求めて仕事をしてきていません。しかし、民間企業は会社の利益目標を持っており、目標を達成できるように成果を出そうと日々働いています。

特に教師から営業職などに転職することを考えている場合は、ビジネス上の利益追求ができないと仕事にならないため、利益を求めて行動できることが求められます。

民間企業へ転職すると働き方がかなり変わるので、そこに対応できる力を持っているかどうかも転職の際に求められるでしょう。

三つ目は、自分から会社に貢献できるかどうか。教師として働いていると、他の先生の授業を見せてもらって自分の授業に活かしたり、研修を受けてスキルアップを図ったりするように、受け身のスタンスでいることがあります。

しかし、民間企業では自分のスキルや経験を会社に貢献することが重要になってきます。そのため、自分から会社に貢献するというスタンスで仕事ができることが求められます。

何年も教師をしていると、受け身のスタンスが身についてしまっていることが多いですが、民間企業では通用しないことを理解しておきましょう。また、自分から会社のために働くという意識を持っておくこともとても大切ですね。

30代教師が民間企業への転職を成功させる方法

30代教師が民間企業への転職を成功させる方法30代の教師が民間企業への転職を成功させる方法は、転職エージェントを使うことです。

転職エージェントに登録すると、転職活動するにあたって履歴書の書き方や自己PRの内容の添削、面接指導、自分に合った転職先の紹介などをしてくれます。

教師だけをしてきた人にとって転職活動は未知の世界であるため、転職をサポートしてくれる転職エージェントの活用は大いに役に立ちます。

また、転職エージェントによっては教育関係の仕事を紹介してくれるようなところもありますし、教師と全く違う職種であっても転職をサポートしてくれるところもあります。

自分の希望する転職先に合わせて、転職エージェントを選ぶと転職活動をスムーズに進めやすくなるでしょう。

そしてこれは知り合いの体験談なのですが、転職エージェントにブラック企業を除外してほしいという要望を出したところ、見事にホワイトな企業だけを紹介してくれたといって喜んでいました。

そして別の知り合いは自分の力で会社を見つけたのですが、2社連続で超絶ブラック企業にあたってしまい、身も心もボロボロです。

1社目は試用期間という名目で雇用し、連日午前3時まで仕事をさせたうえクビにしたり、2社目も正月がないくらい働かせたうえ社長の機嫌を損ねたということでクビされ、そのくせ「あなたは勝手に辞めたため会社に損害を負わせた。よって訴訟を起こす。」といったような非常識な対応をされたりしています。

僕も公務員からの転職ではエージェントを活用したのですが、こうした話を聞いてしまうと使っておいてよかったと心底思います。

30代で仕事をしながら転職活動をすることはとても大変ですが、転職できないわけではありません。しかし、ブラック企業に就職してしまうのは絶対に避けなければいけないので、上手に転職エージェントを活用して転職を成功させましょう。

おすすめの転職エージェントは転職を成功させるための転職エージェントの特徴と使い方で紹介していますので、ぜひご覧ください。

>転職を成功させるための転職サイト、エージェント比較!特徴や違いを解説します!

プロフィール
にゃもにゃも@元公務員ブロガー

理系大学から独学で地方の県職員(行政職)になったけれど、仕事をする中で夢を見つけたため転職した猫が大好きすぎる元公務員「にゃも」です!
現在は上京し、夢のクリエイティブ業界で世界中の人に知られる映画タイトルの3DCGを作ったりしてバリバリ働いています!
このブログでは元公務員という経験を活かして、公務員に関するさまざまな疑問や悩みを解決するための記事を書いています。

公務員になりたい、公務員と結婚したい、公務員だけどお金がほしい、公務員の仕事について知りたい、公務員を辞めたい…

など幅広く公務員のことについて、ときにゆる~くときに真面目に分かりやすくお届けします!

詳しいプロフィールはこちら ⇨ にゃものプロフィールを見る