公務員予備校を徹底比較!元公務員オススメ予備校の料金・口コミ・特徴まとめ

転職を成功させるための転職サイト、転職エージェントを比較!両者の特徴や違いも解説!

いざ転職しようと思っても、分からないことが多くて困ってしまいますよね。私も公務員から転職するときは悩みましたが、転職サイトと転職エージェントを併用することで、見事転職を成功させることができました。

そして今では、元公務員という無関係の業種からの転職にも関わらず、世界中の誰もが知る映像作品に携わることができています。

あなたにも転職サイトをうまく使うことで、あなたの希望通りの転職を叶えてください!

この記事では、転職を考えている方におすすめの転職サイト、転職エージェントを紹介していきます。

現役公務員のほか、公務員への転職を考えている社会人や、公務員を目指しているフリーターやニートの方など、さまざまな立場の人にとっておすすめの転職サイトを紹介していますので、参考にしてください。

転職サイトと転職エージェントの違いは?

転職サイトと転職エージェントの違いは?転職するにあたっては、転職サイトと転職エージェントと2種類を利用していくことになりますが、これらの大きな違いは専任アドバイザーがつくかどうかです。

エージェントを使うと求人を探してくれたり、面接対策をしてくれたり、提出しなければいけない書類を作成してくれたりといった面倒なことを無料でサポートしてくれます。

転職エージェントを使うと、アドバイザーのカウンセリングを受けることができます。このカウンセリングを通して、

  • あなたの強み
  • これからの人生どのようにしていきたいのか

といった条件に沿った企業を紹介してもらえます。

今のあなたが、どんな企業が自分に合うか分からなかったり、ベストな企業を見つける自信がない場合、その悩みを転職エージェントが解決してくれます。

逆に、転職サイトを使った場合はこうしたサポートを受けることができませんが、あなたのペースで納得のいくまで自由に求人を探すことができます。

他人のおすすめの企業ではなく、自分で転職先を選びたいというこだわりを持っている方は、転職サイトの方が向いているでしょう。

転職サイトと転職エージェントを併用する理由

転職サイトと転職エージェントを併用する理由これまでの説明を聞くと、なんでもおまかせの転職エージェントがいいんじゃないかと思う人が多いんじゃないでしょうか。

しかしちょっと注意が必要です。なぜなら、企業が転職サイトと転職エージェントのどちらにも求人を出しているとは限らないからです。

どういうことかというと、たとえばA企業の求人が転職サイトにはあるけれど、転職エージェントでは求人がないということがあるのです。

転職サイトや転職エージェントに登録する数が少ないのは、転職先の選択肢を狭めることに直結します。あなたにとって大切な転職先を狭い選択肢から選ぶのではなく、できるだけ多くの企業の中から、より良い条件の就職先を探すことが重要です。

なぜなら転職する理由は人それぞれですが、少なくとも今の職場よりも良い環境を求めて転職するのは間違いないからです。

そこで、転職サイトと転職エージェントを組み合わせて利用することで、より良い転職先の選択肢を増やすのが転職の王道です。

おすすめは、転職サイトを1つと転職エージェントを2つ利用することです。転職サイトは幅広く情報を集めるため、転職エージェントは掘り下げて転職先を見つけるためです。

もちろんこれ以上登録して多角的に転職活動をすることは、より選択肢を広げることにつながるので問題ありません。

しかし、最初はこのくらいから始めたほうが混乱することなく転職活動を始めることができるでしょう。

いくつも情報転職サイトに登録しすぎてしまって、求人を探すのが億劫になってしまいます。結局転職するのが面倒になってしまっては本末転倒ですから、登録しすぎには注意しましょう。

ちなみに私は、リクナビネクストに登録して自己分析(グッドポイント診断という分析テストが優秀です)、映像系に強い転職エージェント2つ登録という3本てで転職を成功させました。

(※公務員から映像系への転職希望者はほとんどいないと思うので、映像系に強いエージェントはあえて掲載していません。一般的な公務員にとっておすすめのエージェントを掲載しています。)

おすすめの転職サイト

転職サイトは情報の充実度で判断する必要があります。求人情報の更新回数が少なかったり、長い間情報が変わっていなかったりする転職サイトを選んでしまうと、転職を成功させることは難しくなってしまいます。

あ!この会社がいい!と思ったところで問い合わせてみたら、実は求人はとっくに終わっていた…なんてことがあったら残念すぎますからね。

そこで、多くの人が登録していて情報の更新頻度も高いサイトを選ぶことが転職成功への近道になります。

リクナビNEXT

業界未経験転職を始めるなら、まずこちらに登録しておけば間違いありません。

リクナビNEXTのメリットは求人数が全国のあらゆる地域で圧倒的に多いことです。転職経験者の8割がリクナビNEXTに登録しているというデータもあることから、転職の鉄板サイトといえます。私もこのリクナビNEXTに登録して転職を成功させました。

そして自己分析ツールが優秀で、グッドポイント診断というものを無料で利用することができます。これあなたの強みを見つけてくれる診断ツールで、転職経験者の多くがグッドポイント診断を使って自己分析をしています。

転職活動を進める中で、自分の強みは自己PRは一体何だろうと思い悩むことが必ず出てきますが、そんな時に役に立つのがこの診断結果です。

深層心理にあるあなたの強みを発見することができるツールを無料で提供しているので、転職活動をスタートする時には、まずリクナビNEXTのグッドポイント診断を受けることから始めるのをおすすめします。

>『グッドポイント診断』を受ける

グッドポイント

doda

dodaでは他社では見られない特徴を持っています。というのも、転職サイトと転職エージェントの2つのサービスを両方提供しているのです。

転職サイトでは求人検索や求人企業への応募、その後のやり取りは全て自分で行うことになりますが、転職エージェントも合わせて活用することでキャリアアドバイザーが企業への応募日程調整条件交渉まで行なってくれます。

一つのサイトで完結するということで、いろいろなサイトを訪問する手間が省けるというメリットがあります。

いくつかのサービスに登録することで、それぞれの違いが見えてくるものです。自分に合ったサイトや担当者を見つけることができれば、今より働きがいのある職場にスムーズに転職することができるようになりますよ。

ビズリーチ

1ランクへの転職を目指す求職者向けの転職サイトです。無料登録することで、3,000人以上在籍しているヘッドハンターからのスカウトがあります。

年収600万円以上のビジネスマンが多く使うと言われているビズリーチですが、年収が600万円に満たなくても登録は可能です。

実際、年収500万円台の方が見事600万円台まで年収をアップさせたという口コミもあるので、ステップアップしていきたい30代~40代の方はぜひ登録しておきたいサイトです。

>ビズリーチに登録する

転職希望者に幅広くおすすめできる転職エージェント

リクルートエージェント

リクナビNEXTと同じく、株式会社リクルートキャリアが運営する国内最大規模の転職エージェントです。

リクルートエージェントに登録することで閲覧することができる非公開求人は20万件を超えており、転職業界の中でもトップクラスの求人数を誇っています。

また、転職活動者に「面接の必勝法」を伝授するという面接力向上セミナーというものを開催しています。実際に参加した人の満足度は99%という驚異の数字で、面接に自信がない方は、この面接力向上セミナーの受講を考えてみてはいかがでしょうか。

リクナビNEXTと同様、転職希望者に幅広くおすすめできる転職エージェントと言えます。

>リクルートエージェントに登録する

20代の方におすすめの転職エージェント

【マイナビエージェント】

20歳から特に多く支持を集めているのがマイナビエージェントです。その理由は、なんといっても企業とのマッチング力の強さです。

20代の若手の方からはエージェントの面倒見がとても良いことで評判がいいです。その理由は、マイナビエージェントは若手の担当者が多く、20代の転職希望者が抱える悩みを上手に汲み取ってくれるからです。

マイナビエージェントは、社会経験の浅い20代の方にもぴったり寄り添って二人三脚で次の転職先を探してくれるエージェントと言えます。

一人の転職ではやはり心細いという方にとって、これほど心強い転職エージェントはないでしょう。

マイナビエージェントに登録する

既卒、第二新卒、フリーター、ニートの方におすすめの転職エージェント

転職経験や仕事経験が少ない第二新卒や既卒の方の転職の場合、転職エージェントを使ったほうが良いです。なぜなら、サポートがあるのとないのとでは転職の苦労が圧倒的に違うからです。

就職活動ってとても大変でしたよね。自分で色々な情報を集めて面接の練習をして…と、多くの努力が必要だったと思います。

そして転職活動では、新卒での就職活動とは違った対策が求められます。例えば職務経歴書を書いたりこれまでのキャリアについて面接で色々な質問があるので、それに答えなければいけないということです。

そんな時に力になってくれるのが転職エージェントです。経験豊かなエージェントに分からないことをいろいろ聞けますし、転職活動のイロハについても丁寧に教えてくれるので、素直に力を借りればより良い転職が実現可能となるでしょう。

第二新卒エージェントneo

なんとしてもブラック企業を避けたい!という方であれば、第二新卒エージェントneoがおすすめです。

こちらは社会人経験が浅い人でもOKで、一人あたり10時間としっかり時間を取ってじっくり話を聞いてくれるところが魅力です。さらにブラック企業を除外と明言している珍しいエージェントなので、かなり信頼できます。

これは知り合いの体験談なのですが、ブラック企業を除外してほしいという要望を出したところ、見事にホワイトな企業だけを紹介してくれたといって喜んでいました。

そして別の知り合いは自分の力で会社を見つけたのですが、2社連続で超絶ブラック企業にあたってしまい、身も心もボロボロという悲惨な状況でした。

1社目は試用期間という名目で雇用し、連日午前3時まで仕事をさせたうえクビにしたり、2社目も正月がないくらい働かせたうえ社長の機嫌を損ねたということでクビされ、そのくせ「あなたは勝手に辞めたため会社に損害を負わせた。よって訴訟を起こす。」といったような非常識な対応をされたとのことです。

本当にこんなドラマみたいな話があるのかと驚きましたが、相談されても私の力ではどうしようもありませんでした。そこで、弁護士事務所と労働基準監督署に相談に行くよう勧めました。

※弁護士に相談した結果、「企業側に非があるため本当に訴訟を起こされることはないだろう」とアドバイスを受けたと連絡がありました。相当ホッとしていましたよ。

このように、ブラック企業に入るのは本当に人生を狂わされます。転職を焦る気持ちは分かりますが、絶対に慎重になってください。

また、第二新卒エージェントneoでは2年間フリーターをしていた人でもコンサルタントとして就職できたという事例もあります。

経験がなかったり浅かったりして自信がなかったり、ブラック企業が嫌だという方は、第二新卒エージェントneoでエージェントに相談してみることをおすすめします。

>第二新卒エージェントneoで相談する

DYM就職

そして就職経験がないニートの方でも積極的に支援してくれるのがDYM就職です。こちらは他の転職エージェントとは毛色が違い、フリーターやニートの方であっても是非採用したいという意欲のある企業が数多く登録している転職エージェントです。

そのため、他の一般的な転職エージェントを使うと転職が厳しいような経歴の方であっても、 DYM就職に登録すれば転職できる可能性が格段にアップします。

また、DYM就職は96%を内定率誇っており、3年以内の離職率は何とたったの3%というかなり高いマッチング精度を誇っています。離職率が低いということは、それだけ満足のいく転職先が見つかったということに他なりません。

>DYM就職に登録する

就職Shop

就職ShopもDYM就職同様第二新卒や既卒、フリーター向けの良いエージェントですので、おすすめできます。しかし、登録企業が都内近郊に限られるため、都心在住者の方は就職Shopも選択肢として考え、それ以外の地域の方は第二新卒エージェントneoとDYM就職で検討しましょう。

>就職Shopに登録する

キャリア志向の方におすすめの転職エージェント

JAC Recruitment

JAC Recruitmentは、質の高いハイキャリア案件を多く取り扱っているのが特徴です。キャリア志向の方にとって、年収の大幅アップに繋がるチャンスがある転職エージェントです。

大手の転職エージェントサイトに比べると取扱件数は少ないものの、外資系企業の案件を多数抱えているという特徴を持っています。

ハイレベルな求人を扱っているだけあってコンサルタントのレベルもかなりのものです。口コミでは、面接対策やキャリア面談では転職を成功させるためのアドバイスを的確にもらえたという評価も得ています。

年収アップを狙っていたり自分の力を試してみたいという思いがある人は、JAC Recruitmentに登録してみることをおすすめします。

>JAC Recruitmentに登録する

プロフィール
にゃもにゃも@元公務員ブロガー

理系大学から独学で地方の県職員(行政職)になったけれど、仕事をする中で夢を見つけたため転職した猫が大好きすぎる元公務員「にゃも」です!
現在は上京し、夢のクリエイティブ業界で世界中の人に知られる映画タイトルの3DCGを作ったりしてバリバリ働いています!
このブログでは元公務員という経験を活かして、公務員に関するさまざまな疑問や悩みを解決するための記事を書いています。

公務員になりたい、公務員と結婚したい、公務員だけどお金がほしい、公務員の仕事について知りたい、公務員を辞めたい…

など幅広く公務員のことについて、ときにゆる~くときに真面目に分かりやすくお届けします!

詳しいプロフィールはこちら ⇨ にゃものプロフィールを見る