公務員試験に合格できる通信講座を徹底比較!料金・口コミ・特徴まとめ

教員・教師がうつ病で休職するための手続きを徹底解説!

教員をしていると精神的なストレスを感じてしまい、うつ病になってしまうケースも多いです。

うつ病になってしまった場合、どのような手続きを踏めば休職できるのかはそのときにならないとわからないですよね。

そこで、今回はうつ病になってしまって休職をする際の手続きや休職中にやっておくべきことについて紹介していきたいと思います。

うつ病になってしまって苦しんでいる教員の方は、休職をする時の参考にしてみてくださいね。

うつ病になった教員が休職するための手続き

うつ病になった教員が休職するための手続き

病気休暇を申請する

うつ病になってしまった教員が休職するための手続き方法は2つのステップになります。
一つ目のステップは、病気休暇を取得すること。

教員の病気休暇は、民間企業の有給休暇と同じ扱いになっているので、休暇中90日間の給与は全額保証されます。

そのため、休職をする前に必ず病気休暇を取得しましょう。

ただし、1週間以上の病気休暇を取得する場合には医師の診断書が必要になるので、うつ病で休職する予定の方は必ず診断書をもらっておきましょう。

うつ病になっていると体も心も辛いとは思いますが、しっかりと休養を取るためにも病院を受診して、診断書を学校に提出できるようにしておくことは大切ですね。

うつ病が深刻で学校まで提出に行けない場合は、管理職に相談しておくと郵送でも提出できることがあるので、事前に連絡をいれておくことをおすすめします。

病気休職を申請する

二つ目のステップは、病気休職の申請をすること。

病気休暇は最大90日なので、90日を越えて休みを取得する場合は「病気休職」を申請する必要があります。

病気休職は休暇とは扱いが若干違うので、申請するときに注意しなくてはいけません。

休暇との違いは、支給される給与が満額ではなく8割支給になること、給与の支給が1年間のみであること、身分が保障される期間が最大3年になることが挙げられます。

病気休暇を延長することももちろん可能ですが、病気休暇を延長する場合は支給される給与が半額になるので、病気休暇が90日過ぎた後は病気休職を申請することをおすすめします。

そして病気休職をして1年間が経過すると給与が支払われなくなると書きましたが、公立の教員で共済組合に所属していると傷病手当金を申請することができます。

これは、申請すると給与の3分の2の金額が支給されるので、病気休職の申請と一緒に手続きをしておきましょう。

また、病気休職の申請には病気休暇と同様に診断書が必要になりますので、病院を受診して診断書を発行してもらいましょう。

休職中にするべきこと

休職中にするべきことうつ病で休職した場合は、まず心と体を休めることが第一です。

休職していると自分の担任していたクラスのことや受け持っていた部活動、学校内の仕事など色々なことが心配になると思います。

しかし、せっかく休職をしていても学校のことばかり考えていると心も体も休まらないので、学校のことは学校にいる他の先生達に任せて自分はしっかりと休養しましょう。

特にうつ病の場合は睡眠障害を引き起こしてしまったり、抑うつ気分になったりするような症状が表われるため、なおさら休養が必要になります。

病院で処方されている薬を飲んで、生活リズムを整えながら自分らしい生活ができるようにしていくことが大切です。

心や体が休まってうつ病の症状が回復してきたら、外出してみたり興味のあることを始めてみたりすることをおすすめします。

外出することや趣味を持つことは心や体のリフレッシュにも繋がるので、今後の生活をよりよくするためにとても大切です。

もちろん無理は禁物ですが、自分がやりたいと思うことが出てきたら始めてみるのもいいと思いますよ。

転職を検討することも必要

転職を検討することも必要うつ病の症状が改善してくると学校現場に戻ることを考え始めると思います。

しかし、教員の仕事に強いストレスや負担を感じてしまうようであれば、教員以外の仕事に転職することを検討するのもいいでしょう。

休職中は自分の心と体を休めるだけでなく、自分を見つめ直す機会にもなると思います。

そのため、復職するタイミングなどを考え始めた時には、このまま教員を続けるのか、教員の仕事をもう一度見直して他の仕事を始めるのかを考えてみるのもいいですね。

教員を続けていくことに不安やストレスを感じてしまうようなら、他の仕事を検討することをおすすめします。

教員以外にも世の中には仕事がたくさんあるので、強いストレスを抱えることなく働くことができる職場もあります。

休職中に転職もいいなと思った方は、自分のやりたいことや好きなこと、自分に合っていることなどから転職先を探してみることをおすすめします。

休職後は復職を求められることもありますが、復職するか転職するかは自分で決めることができるので、自分の意志をしっかりと管理職に伝えることも大切です。

あなたの人生はあなただけのものです。心にストレスをかけ続けるよりも、伸び伸びと仕事ができる環境を考えてみてはいかがでしょうか。

もし次の転職先を探すのなら、公務員のためのおすすめ転職サイトと転職エージェント!の記事がおすすめです。

僕も転職を成功させていますので、お力になれるかと思います。

おすすめの転職サイト・転職エージェント!両者の違いも説明します
公務員のためのおすすめ転職サイトと転職エージェント!いざ転職しようと思っても、分からないことが多くて困ってしまいますよね。 僕も公務員から転職するときは悩みましたが、転職サイトと転職...
プロフィール
にゃもにゃも@元公務員ブロガー

理系大学から独学で県職員(行政職)になったけれど、途中で夢を見つけたため転職した元公務員の「にゃも」です!

【経験・特技】

  • 行政→映像制作への転職経験あり。人生1度も面接に落ちたことはありません。
  • 3DCG、フォトショップなどを使った映像制作が本業。
  • 株、FX、先物取引経験あり。

【好きなこと】

  • 未知への挑戦
  • 財テク
  • 読書(月30冊以上!)
  • 旅行(30歳で初の海外旅行。見事にハマりました 笑)
  • ヨガ
  • 猫が大好き。癒やされる…

口ぐせは「にゃもーん」(都合の悪いことを言われて、知らんぷりするときに使う)

現在は世界中で公開される映画タイトルの3DCGを作ってます。

このブログでは元公務員という経験を活かして、公務員のことをときにゆる~くときに真面目に分かりやすくお届けします!

詳しいプロフィールはこちら ⇨ にゃものプロフィールを見る