公務員予備校を徹底比較!元公務員オススメ予備校の料金・口コミ・特徴まとめ

教員が妊娠すると保護者からクレームを受ける?何が一番大切か考えて。

「こんな時期に妊娠してクラスの子どものことを考えてない」

「妊娠していなくなるから女の先生は嫌だ」

このように女性の教員が妊娠した際に保護者からクレームを受けたことがある女性教員の方もいるかもしれません。

実際に女性教員が妊娠して保護者からクレームを受けた例もありますが、クレームを受けないように対処する方法ももちろんあります。

今回は、子どもがほしいと思っている女性教員の方に向けて、妊娠しても保護者からクレームを受けないようにする方法を紹介していきたいと思います。

教員が妊娠して保護者からクレームを受けた例

教員が妊娠して保護者からクレームを受けた例女性の教員が妊娠をすると産休・育休を取得するため、学級担任や教科担任が他の先生に代わります。

そのため、担任が代わることに不満を感じてクレームを言ってくる保護者もいます。妊娠による保護者からのクレームの例としては、次のような内容が挙げられます。

  • 「中途半端な時期に産休に入ってしまうので、子どもが不安定になる」
  • 「どうせ産休を取るなら切りのいい4月から取ってくれればいいのに」
  • 「子どもを作る時期を考えて」
  • 「担任が替わってしまうことに不安を感じる」
  • 「小学校1年生の担任なのに妊娠をするなんて非常識」
  • 「中学校3年生で受験を控えているのに担任の先生が産休でいなくなるなんて信じられない」

子どもを育てている教育現場に対してこのようなクレームが来ることに驚く方もいるかもしれませんが、女性教員が妊娠することを快く思っていない保護者もいるのは事実です。

子どもは授かりものなので、妊娠のタイミングを決めることができないことは保護者も十分分かっているはずですが、このようなクレームがあるのは残念ですね。

しかし、妊娠することによって学級の子どもだけでなく、保護者も少なからず不安を感じてしまうことは理解しておくといいかもしれませんね。

周囲の人からクレームを受けないようにする方法

周囲の人からクレームを受けないようにする方法女性教員が妊娠してクレームを受けないようにするためには、二つの対処方法があります。
一つ目は、クラスの子ども達や保護者へ妊娠したことをきちんと報告すること。

報告するタイミングは管理職と相談する必要がありますが、産休ギリギリになってしまうと子どもや保護者の不安が大きくなるため、安定期に入ったら報告するのがいいでしょう。

また、産休に入る時期も一緒に報告しておくと、いつから先生が代わるのかが把握できるので、不安を少しでも減らすことができます。

妊娠は女性しか体験することができない貴重なことなので、妊娠して新しい命を授かったことを授業にしてもいいと思います。

クラスの子ども達にとって先生が代わることは残念なことですが、担任の先生が妊娠するという機会はめったにないので、妊娠していることを命の授業として扱うのはクラスの子どものプラスになるでしょう。

二つ目は、管理職には早めに妊娠報告をすること。

代わりの教員を配置するには、管理職が教育委員会に申請をして新たに講師を探す必要があります。

代替教員がすぐに見つかる場合はいいのですが、地域や時期によってはなかなか講師を見つけることができないケースもあります。

そのため、管理職には妊娠が分かって出産予定日が決まったくらいのタイミングで妊娠の報告をすることをおすすめします。

早い時期に代替教員が必要なことが分かれば、早くから新たな講師を探すことができるので、引き継ぎなどもスムーズに行えるようになり、クラスを任せやすくなります。

引き継ぎがしっかりと行えていると、担任が代わった後も学級が崩れることが少ないので、保護者の不安も減っていくと思います。

この二つの対処方法を試したからといって、絶対にクレームを受けない訳ではありませんが、保護者や子どもに対して誠意を見せることは大切なので、少しでも保護者や子どもの不安を取り除けるようにしておくことは大切ですね。

自分の人生を一番大切にするべき

自分の人生を一番大切にするべきクレームに対して色々な対策をしても、女性教員の悩みは尽きることはないと思います。

しかし、クレームを気にしすぎて妊娠を諦めてしまっては、自分の人生や家族を大切にできなくなってしまいます。一番は自分自身の人生や家族です。

女性にとって妊娠や出産は、人生の中でも大きな変化のポイントとなりますし、とても重要なことです。子どもをもつ大変さや幸せは妊娠や出産をしないと分かりません。

教員をしていても一人の人間なので、自分の人生設計がありますよね。クレームがあるからといってその人生設計を変える必要はないと思います。

妊娠・出産はとても素晴らしいことなので、妊娠する時期やクレームに対して悩みすぎることなく、自分の人生を大切にしてほしいです。

プロフィール
にゃもにゃも@元公務員ブロガー

理系大学から独学で地方の県職員(行政職)になったけれど、仕事をする中で夢を見つけたため転職した猫が大好きすぎる元公務員「にゃも」です!
現在は上京し、夢のクリエイティブ業界で世界中の人に知られる映画タイトルの3DCGを作ったりしてバリバリ働いています!
このブログでは元公務員という経験を活かして、公務員に関するさまざまな疑問や悩みを解決するための記事を書いています。

公務員になりたい、公務員と結婚したい、公務員だけどお金がほしい、公務員の仕事について知りたい、公務員を辞めたい…

など幅広く公務員のことについて、ときにゆる~くときに真面目に分かりやすくお届けします!

詳しいプロフィールはこちら ⇨ にゃものプロフィールを見る