公務員試験に合格できる通信講座を徹底比較!料金・口コミ・特徴まとめ

公務員の夏のボーナス額が公表!7年連続のプラス

公務員の夏のボーナス額が公表!7年連続のプラス

2019年6月28日に、国家公務員の夏のボーナスが支給されました。管理職を除いた一般行政職の方の平均支給額は 昨年の夏に比べて26,500円増えて、679,100円となりました。

この夏のボーナスが去年に比べて増えることは、去年の人事院勧告でもうすでに決まっていることです。支給月数が0.1ヶ月増えたので、増額になったというわけですね。

ただここで気になるのが、なぜか管理職を除いた一般行政職の人だけのボーナス額だということです。

管理職も踏まえるともっと大きな数字が支給されたことになりますが、何か陰謀めいたものを感じるのは私だけではないと思います。

まあ当然のごとく、管理職の方はこれ以上の数字をもらっているというわけですね。

そして行政改革に取り組む姿勢を示すべく安倍晋三首相は30%のボーナス返納、それ以外の各閣僚は20パーセントを自主返納するということを申し合わせているようですね。

具体的な支給金額は、首相が約400万円、それ以外の閣僚が330万円ほどの支給になる見込みです。

ちなみに支給額が一番多いのは最高裁判官の長官で569万円!1回のボーナスで500万円を超えるって相当高いですよね。

夏のボーナスが約2ヶ月分ですので、月収は250万円を超えるのではないでしょうか。

公務員のボーナスが年間4.5ヶ月くらいだと考えると、年収はその16倍以上。つまり4,000万円を超える計算になりそうですね…Σ(゚Д゚)さすがに驚きです。

あまり印象がないですが、最高裁判官の長官は皆さんの投票で決めています。あのとき投票したあの人が、4,000万円もの年収をもらっているということ。その価値があるのかを考えながら投票するのもいいかもしれませんね。

オリンピックまではこの景気が上向いている状況が続くと予想されることが多いですが、果たしてどうなるのでしょうか。

公務員の給料やボーナスは民間の給料やボーナスを反映したものになりますので、民間の活力が損なわれてば公務員に給料やボーナスもそれだけ少なくなっていくことになります。

つまり、私を含めて実感はないかもしれませんが、民間企業の平均賃金は7年間連続で上昇していると言っても間違いではないということです。

ただ、毎年保険料が増額されるなどで、給料が上昇した分が吸い取られてしまうことを考えると、使えるお金が増える実感がないことから、景気が良くなっている実感が沸かない原因だと思います。

公務員におすすめの本

年齢も上がって、少しずつボーナスが増える喜びとともに、部下を持つことになって日々大変な思いをしている公務員の方も多くいらっしゃると思います。

どうやってリーダーシップを示せばいいのか?とお悩みの方には、ぜひ読んでいただきたい書籍があります。それは、トライブ=人を動かす5つの原則=です。

著書紹介はこちら。

なぜ、優れたリーダーでも新しい環境では失敗することが多いのか?

なぜ、並のリーダーでも本来の能力よりも優れているように見えるのか?

なぜ、失敗ばかりしているリーダーなのに部下に慕われるのか?

この疑問の解明に取り組むために、ある1人の男が2万4000人を対象にした10年に及ぶ追跡調査を実施しました。

すると意外なことに、会社の中で部下を動かすのにリーダーシップはほとんど関係ないということが分かったのです。

組織やチームで人を動かすために必要なこととは?

書籍を詳しく見てみる

リーダーシップで悩んでいる方はぜひどうぞ。

また、日本の歴史に関心がある方はこちらの書籍も読んでみてはいかがでしょうか。こちらはなんと、1,980円が今なら無料です。※送料が550円かかりますが。

<5万部突破>太平洋戦争の大嘘が無料

<国際政治学者の講演録>ついに解禁!
47年非公開にされた元米国大統領の告発。史上最大の戦争仕掛けた真犯人は誰か?

通常¥1,980のところ・・
無料でどうぞ!

太平洋戦争の大嘘を詳しく見てみる

プロフィール
にゃもにゃも@元公務員ブロガー

理系大学から独学で県職員(行政職)になったけれど、途中で夢を見つけたため転職した元公務員の「にゃも」です!

【経験・特技】

  • 行政→映像制作への転職経験あり。人生1度も面接に落ちたことはありません。
  • 3DCG、フォトショップなどを使った映像制作が本業。
  • 株、FX、先物取引経験あり。

【好きなこと】

  • 未知への挑戦
  • 財テク
  • 読書(月30冊以上!)
  • 旅行(30歳で初の海外旅行。見事にハマりました 笑)
  • ヨガ
  • 猫が大好き。癒やされる…

口ぐせは「にゃもーん」(都合の悪いことを言われて、知らんぷりするときに使う)

現在は世界中で公開される映画タイトルの3DCGを作ってます。

このブログでは元公務員という経験を活かして、公務員のことをときにゆる~くときに真面目に分かりやすくお届けします!

詳しいプロフィールはこちら ⇨ にゃものプロフィールを見る