公務員試験に合格できる通信講座を徹底比較!料金・口コミ・特徴まとめ

東京アカデミーの通信講座が公務員試験に強い理由!

東京アカデミーの通信講座が公務員試験に強いという話を聞いたことはありますか?

東京アカデミーは通学講座の予備校からスタートした公務員試験の大手予備校です。今回はそんな東京アカデミーの通信講座について紹介していきたいと思います。

東京アカデミーの通信講座が公務員試験に強い理由

まず東京アカデミーの通信講座が公務員試験に強い理由の結論を述べたいと思います。

その理由は、東京アカデミーが作成するテキストの問題的中率が高いことが理由です。

東京アカデミーは、実はテキストの問題的中率が高いことでかなり有名な予備校です。

こうしたメリットがある濃い予備校のテキストを使っていれば、公務員試験の合格率が高くなることは明白ですよね。

実際東京アカデミーのホームページを見てみると、毎年公務員試験の合格者数は◯人です!というようにデカデカとアピールしています。

試験の合格者数をアピールしている予備校や通信講座というのは意外と少なくて、よほど自信がある予備校でないとPRできないという特徴があります。

しかし東京アカデミーはこの合格者数をアピールしているということで、実績がある予備校として捉えて間違いありません。

そしてその合格者数が多いという実績を支えているのが、的中率の高いテキストです。

結局通信講座であっても予備校であっても、自分の力で問題を解くことができなければ試験に合格することができませんよね。

そこで鍵を握るのが予備校が準備するテキストです。全く当たらないような問題をテキストで出されたとしても時間の無駄にしかなりません。

しかし東京アカデミーのテキストは的中率が高いため、無駄なく最短で合格にたどり着くことができるようになっています。

時間がなくて焦っている受講生や、遠回りせずに公務員になりたいという人にとって東京アカデミーの通信講座はかなりお勧めできます。

ただ一点、東京アカデミーのデメリットがあるとすれば、Web講座がないということですね。

東京アカデミーにウェブ講座がない理由は?

今では一般的になってきているこのWeb講座ですが、なぜ東京アカデミーはないのでしょうか?

おそらくですがその理由は、東京アカデミーの一番の売りは通学講座での生講義にあるからだと思います。

東京アカデミーのこだわりはすべての予備校で講師による生講座を開講することがあげられます。

そしてもしその様子をWeb講座に録画して流してしまえば、通学講座のメリットが薄れてしまって人を集めることが難しくなってしまうと考えているからではないでしょうか。

ただ通信講座Web講座がないと言っても、そのぶん価格が安くなっていることが受講者にとってありがたくなっているという点もあります。

クレアールも費用が安いですが、さらにそのクレアールよりも安い価格設定をしているのがこの東京アカデミーです。そしてその理由は、先ほど紹介したようにWeb講座がないことによります。

そのぶん価格抑えているというわけですね。このように値段を下げればそのぶんサービスは下がるのはやむを得ないことです。

しかしその価格はどの通信講座よりもお得と言っても過言ではなく、さらに用意されるテキストの的中率は高いというメリットがあります。

あなたにとってどこを最重視するかというのが最終判断のポイントとなるでしょう。

悩むのであれば、候補になっている通信講座や予備校のパンフレットを取り寄せてしっかり比較してみることをお勧めします。

おすすめは複数のパンフレットをまとめて取り寄せ(資料請求)して並べて比較することです。必要であれば、その他の通信講座も取り寄せて検討すると安心ですよ。

もちろんすべて無料ですので安心してください!

>おすすめNo.1 クレアールのパンフレット取り寄せはこちら

>おすすめNo.2 東京アカデミーのパンフレット取り寄せはこちら

>おすすめNo.3 大原のパンフレット取り寄せはこちら

>公務員通信講座を徹底比較!元公務員オススメ講座の料金・口コミ・特徴まとめはこちら

プロフィール
にゃもにゃも@元公務員ブロガー

理系大学から独学で県職員(行政職)になったけれど、途中で夢を見つけたため転職した元公務員の「にゃも」です!

【経験・特技】

  • 行政→映像制作への転職経験あり。人生1度も面接に落ちたことはありません。
  • 3DCG、フォトショップなどを使った映像制作が本業。
  • 株、FX、先物取引経験あり。

【好きなこと】

  • 未知への挑戦
  • 財テク
  • 読書(月30冊以上!)
  • 旅行(30歳で初の海外旅行。見事にハマりました 笑)
  • ヨガ
  • 猫が大好き。癒やされる…

口ぐせは「にゃもーん」(都合の悪いことを言われて、知らんぷりするときに使う)

現在は世界中で公開される映画タイトルの3DCGを作ってます。

このブログでは元公務員という経験を活かして、公務員のことをときにゆる~くときに真面目に分かりやすくお届けします!

詳しいプロフィールはこちら ⇨ にゃものプロフィールを見る